実質2,000円の負担で豪華な返礼品をもらうことができるとして人気のふるさと納税。さまざまな返礼品がそろっているが、肉やエビなどのグルメ、家電などに人気が集中している。しかし、意外とオススメなのが「お米」だ。さまざまな自治体がお米を返礼品として用意しており、返礼品に選ぶ人も多い。今回はふるさと納税の返礼品の中でもお米に注目して自治体をチェックしていこう。

ふるさと納税とは

ふるさと納税,お米,返礼品
(画像=PIXTA)

まずはふるさと納税についておさらいしておこう。ふるさと納税とは、地方自治体に寄付を行うことで、寄付を行った地域の創生に参加できる制度のこと。自分の生まれ故郷や思い出がある地域などに、寄付金を送ることができる。寄付金のお礼として、自治体から豪華な返礼品をもらえることや、寄付金で税金の控除を受けられることから人気を集めている。

2016年度のふるさと納税の総額は、総務省の発表によれば約2844億円にものぼり、前年度の約1.7倍となっている。

豪華な返礼品が話題になるも返礼品競争に!2017年4月には自治体へ要請も

ふるさと納税は、納税額を集めるため、一部自治体で換金性の高い家電や貴金属などの返礼品も出されていた。中でも商品券は金券のため、多くの批判が集まる結果となった。そこで2017年4月には総務省から各自治体に対し。「返礼品の価格は寄付額の3割以下」とするように要請が出された。

そもそも返礼品はその地域の特産品や名産品を送ることで、地域の産業を活性化させPRにつなげるもの。家電やブランド品など地域のPRにつながらないものを返礼品にすることは意義に反するものでもある。

それぞれの味を食べ比べできるお米の返礼品

その地方の産業をPRする、という意義にも沿い、おすすめできるのが農産物の返礼品だ。中でもお米は日本のほとんどの地域で作られており、品種もさまざまなため食べ比べる楽しみもある。そのため、お米を返礼品に用意している地方自治体も多く、選択肢も多い。今回は返礼品の中でもお米に着目して、おすすめの自治体をいくつか紹介していこう。

ササニシキ ひとめぼれ つや姫を食べ比べできる 宮城県名取市

東日本大震災により被害を被った宮城県名取市。仙台市の南東に位置しており、みやぎ米の産地としても知られている。海に面した名取市は津波により多くの被害を受けた。津波により農地が冠水したことにより、塩害が発生。一時は稲作ができない状態へと追い込まれていた。しかし、全国から集まったボランティアの力を借り、地元の人々が復活させた田畑で作られたのが美田復刻米だ。

美田復刻米は名取市を中心とした、仙台南部・岩沼北部の米屋野菜を販売する美田園マルシェが取り扱う米ブランド。こちらの返礼品では、同じ名取の生産者が栽培したササニシキ、ひとめぼれ、つや姫を各1kgずつ、計3kgが届く。寄付金額5,000円でブランド米3kgはかなりお得だ。ササニシキは和食、もちもちとした食感のひとめぼれは炊き込みご飯に、粒ぞろいがしっかりしているつや姫はリゾットにするなど、食べ方を変えるのも楽しい。お米のおいしさを堪能できるおすすめの返礼品だ。

低農薬で安心・安全 きたくりんが食べられる! 北海道北竜町

北海道北竜町は、北海道の中央部にある町。ひまわりの作付けが盛んで、ひまわりの街として開架シーズンには20万人以上の観光客が訪れる。稲作も盛んに行わわれており、低農薬・有機肥料にこだわったクリーン農業が中心だ。北竜町の農家で構成されたひまわりライス生産組合では、化学合成農薬を50%以上カットしている。これは農林水産省のガイドラインに沿った特別栽培米に当てはまる。

農薬量を減らし、安心・安全な米作りに力を入れる北竜町で新しく作付けされはじめたのが「きたくりん」という品種。このお米は、稲作の大きなもんだいである「いもち病」に強くなるよう開発された品種だ。いもち病とは稲に発生する主要な病気のひとつで、発生を防ぐために農薬が使われている。きたくりんはいもち病に強いため、その分農薬を節減して栽培できる。北竜町では通常よりも化学合成農薬80%カットしてきたくりんを栽培している。

そんな安心・安全なきたくりん10kgと、低農薬で栽培したゆめぴりか2kgがセットになった返礼品は大人気。寄付金額1万円で合計12kgのお米が貰えるのはとても魅力的。家族や子どもに安心して食べさせられるお米をお探しなら、ぜひこちらを選んでみて欲しい。

6種類のお米を食べ比べできる 滋賀県東近江市

自分好みの銘柄を探しているのなら、なるべく多くの品種のお米を食べ比べたいもの。そんな方におすすめなのが滋賀県東近江市の返礼品である「JA湖東お米詰め合わせ」だ。

滋賀県東近江市は滋賀県南東部に位置しており、湖東平野では稲作が盛んに行われている。そんな東近江市の田んぼで育てられたおいしいお米が6種類食べ比べできるのがこちらの返礼品。みずかがみ、コシヒカリ、キヌヒカリ、ミルキークイーン、秋の詩、きぬむすめの6品種が300gずつセットになっている。量は少なめだが、どれも味わいが違うため、好みのものを探せるのは楽しい。

手軽に食べられるつや姫のパックごはん 山形県庄内町

お米は食べたいけれど、一人暮らしで炊くのはおっくう…という方に最適なのが、山形県庄内市の返礼品である「山形県産つや姫 パックごはん」だ。山形県庄内市は山形県北西部に位置しており、庄内地方の玄関口。米どころとして知られる庄内平野の中にあり、稲作が盛んだ。コシヒカリやつや姫などのルーツである品種「亀ノ尾」発祥の地としても知られている。

そんな庄内町をはじめとする米どころ山形県で作られたつや姫だけを使ったパックご飯は、レンジで温めるだけでおいしくいただける。200g×36パック、合計7.2kgのパックご飯を、寄付金1万円で受け取ることが可能だ。1食分ずつ温めるだけなので手軽なのが魅力的。保存がきくので、一人暮らしの方でも消費しやすい。また、災害用備蓄品としても最適だ。

おいしい炊き込みご飯が簡単にできる 宮城県石巻市

お米だけでなく、炊き込みご飯の素がセットになった楽しみ溢れる返礼品が、宮城県石巻市の「石巻 浜ごはん」だ。宮城県石巻市は宮城県東部に位置する市で、漁業・農業が盛んだ。市内にある石巻漁港では、マダイ、カツオ、クロマグロ、スルメイカなど様々な魚介類が水揚げされている。また、穀倉地帯として宮城県内でも有数の広大な耕地を有しており、稲作を中心に農業も盛んだ。

そんな石巻のお米と海産物を同時に味わえるのがこちらの返礼品。石巻の海の幸で作った炊き込みご飯の素と、石巻のササニシキがセットになっている。炊き込みご飯の素は3種類。コリコリの食感が絶妙な茎わかめを使った「茎わかめほたて飯」、大粒の牡蠣に大満足の「牡蠣ねぎこしょう飯」、脂ののった銀鮭がたまらない「ごま鮭すし飯」の中から4つを選ぶことができる。寄付金額1万円で選ぶことが可能。石巻のおいしいものを満喫できるセットは、おもてなしにも活躍してくれそうだ。

最強のTKGセットがもらえる 奈良県吉野町

専用の醤油やレシピ本まで登場し、人気を集める卵かけご飯(TKG)。おいしいお米の食べ方としてTKGにこだわる方におすすめしたいのが奈良県吉野町の返礼品である「たまごかけごはんセット」だ。奈良県吉野町は、奈良県の中央部にある町。町の中央部には吉野川が流れており、吉野山の桜でも知られる自然豊かな街だ。

そんな吉野町が送るこだわりのたまごかけごはんセットのお米は、奈良県産ヒノヒカリを使った「ごんげんらいす」。ごんげんらいすは吉野町にある米問屋水本米穀店の商標登録で、店主は三ツ星お米マイスターを取得している。そんな三ツ星お米マイスターが厳選したのがお米に入れる卵は、吉野のおいしい水にこだわった濃厚な「こだわりのざわ卵」だ。こちらは吉野町の野澤養鶏が育てるこだわりの卵で、おいしい吉野の水にMICA加工という技術を加えて鶏に与えて育てている。

うま味や甘みが強く、まろやかでおいしい卵だと評判だ。さらに、日本でも珍しい鮎の魚醤と、卵にぴったりのだし醤油、吉野さんの杉箸もセットになったお得すぎるセットになっている。寄付金額1万円でお米2kgと卵16個が受け取れるのでTKG好きはぜひチェックしてみてほしい。

1年分のお米がこれでOK 茨城県古河市

重いお米は通販で購入する方も増えている。そんな方には茨城県古河市の返礼品を提案したい。こちらは72,000円の寄付金額で、毎月5kgの古賀市産コシヒカリが12カ月届くというものだ。

茨城県古河市は茨城県の西端に位置する市。渡良瀬川、利根川が流れており、豊かな水源を活かして稲作も盛んだ。そんな古河市の小久保農園で作られるコシヒカリが、毎月5kgずつ返礼品として届けられる。お米は化学肥料や農薬をできるだけ減らして栽培しており、低温貯蔵されているもの。その都度精米して送ってくれるから、いつでもおいしいお米をいただけるのは魅力だ。寄付金額72,000円で、所得税や住民税の控除分を差し引くとかなりお得といえる。

1万円の寄付でお米15kgが貰える自治体をチェック

寄付金1万円の場合、受け取れるお米の量はふるなびでチェックしたところ、最大で15kgだった。15kgのお米が受け取れる自治体は複数あるが、中でも一番お得なのが宮崎県高鍋町だ。高鍋町は宮崎県の中央にある町。こちらの返礼品は、宮崎県産のヒノヒカリの無洗米15kgに、22雑穀米プレミアムが60gついている。無洗米なので手軽に食べられる上、雑穀米も試せるお得なセットが1万円の寄付で受け取ることができる。

高鍋町以外で、今からでも申し込みが可能で、1万円でお米15kgの返礼品がある自治体を紹介していこう。

・茨城県稲敷市 茨城県稲敷市産コシヒカリ・あきたこまち・ミルキークイーン3大品種セット 精米計15kg
・和歌山県北山村 29年度産みくまの彩選米15kg 
・北海道北竜町 玄米15kg ななつぼし 低農薬米
・北海道羅臼町 ななつぼし(精米) 15kg
・山形県河北町 平成29年山形県河北町産「はえぬき」15kg
・佐賀県上峰町 100%一等米!「さがびより(精米)」15kg
・佐賀県白石町 白石3種米セット(5kg×3袋)

お米は日本人の主食であり、地域によって特色がある。同じブランド米であっても、育てられた地域によって少しずつ味わいも変わる。ふるさと納税でその地域のお米を返礼品に貰うことで、地域の農業を応援することも可能だ。ぜひふるさと納税選びの参考にしてみてほしい。(ZUU online編集部)