「世界で最も高い車ランキング」が発表され、ロールス・ロイスのスウェプテイルが1300万ドルで1位に輝いた。2位のケーニグセグCCXRトレヴィータ(480万ドル)、3位のランボルギーニ・ヴェネーノ・ロードスター(450万)と比べても、桁違いな最高級車だ。

イタリア、英国、ドイツ、スウェーデンなど欧州メーカーがトップ10を占める中、アラブ首長国連邦のWモーターズが製造するライカン ハイパースポーツもランクインした。 ランキングは生活情報サイト「ビューティフルライフ」 が、2017年12月の時点で公表されている情報から作成したもの。

10位 ブガッティ・シロン(ドイツ) 270万ドル

ロールス・ロイスやアストンマーティン、メルセデス・ベンツなど欧州高級ブランド車のチューニングを手掛ける自動車メーカー、マンソリーが2016年、世界限定500台で発売したスーパーカー。

8リッターW164ターボエンジンを搭載する同社の看板車ブガッティ・ヴェイロンとエンジン形式などは同じだが、1500馬力とはるかに力強い。最大トルク163キロメートル、最高速420キロメートル、時速100キロに2.5秒未満で達する。車体は2トン近くと重めなのが難点か。

【合わせて読みたい「富裕層ネタ」シリーズ】
富裕層ってどんな人? 1億円の壁の向こう側
富裕層に集まる「超良質な提案」の中身
トップセールスが語る富裕層開拓の極意【1万字インタビュー】
富裕層の懐のコア資産を引き出すコツ【1万字インタビュー】

9位 パガーニ・ウアイラ(イタリア) 280万ドル

イタリアの自動車メーカー、パガーニ・アウトモビリが2011年に発表したスーパーカー。同社が2010年まで製造していた「ゾンダC12」の後継車として登場した。6.0リットルV12気筒ターボエンジン搭載、最大トルク811、790馬力、最高時速370キロメートル、車体重量1218キログラム。

8位 フェラーリ・ピニンファリーナ・セルジオ(イタリア) 300万ドル

イタリアの老舗デザイン企業ピニンファリーナの3代目でデザイナー、故セルジオ・ピニンファリーナ氏の名前に因んだ、世界で6台限定の高級スポーツカー。元々はセルジオ氏へ哀悼の意を捧げる意図で2013年にコンセプトカーとして発表された。

4.5リットルV型8気筒エンジン搭載、458スパイダーと同じ最高出力(570ps)だが、重量ははるかに軽い(1280キログラム)。

7位 アストンマーチン・ヴァルキリー(英国) 320万ドル

アストンマーチンが「フェラーリを超えるスーパーカー」を目指して、レッドブル・アドバンスド・テクノロジーと共同開発を進めてきた新型スーパーカー。映画「007」シリーズの主人公ジェームズ・ボンドの愛車「ボンドカー」で有名なメーカーだけに、デザインや性能にも独自のこだわりが滲みでている。

10月の時点で最終版が日本でも公開されており、軽量化に向けカーボンファイバーやチタンといった先端素材のほか、特殊なアプリケーションの採用など、様々な工夫が凝らされていることが明らかになっている。車体重量は1000キログラム、最高出力は1000HP。限定生産の150台はすでに完売。

25台限定のサーキット専用版「ヴァルキリーAMRプロ」もすでに完売している(納車予定2020年)。

5位 マンソリー・ヴェイヴェーレ・ブガッティ・ヴェイロン(ドイツ) 340万ドル

マンソリーが2014年にジュネーブ・モーターショーで披露した「マンソリー・ヴェイヴェーレ・ブガッティ・ヴェイロン」。

ブガッティ・ヴェイロンをベースにしたカスタム車で、カーボンファイバー使用の白と黒の個性的なデザインだ。

5位 Wモーターズ・ライカン ハイパースポーツ(アラブ首長国連邦) 340万ドル

レバノンの自動車メーカー、Wモーターズが2013年、カタールのモーターショーで発表したスポーツ車。水平対向6気筒ツインターボエンジン搭載、最高出力760ps、最大トルク101.7キロメートル、最高速度394キロメートル。

性能もさながら、装飾品の豪華さも特徴だ。金糸で手縫いされた上質な革張りシート、ダッシュボードには15カラットのダイヤモンド420個を散りばめ、LEDヘッドライトには240個をコーティング、スイスの高級時計ブランド、サイラスの限定モデル「クレプシス」を装備している。

4位 マクラーレンP1 LM(英国) 360万ドル

英国のレーシング・チーム、マクラーレン・レーシング・リミテッドを所有するマクラーレン・オートモーティブ。フォーミュラ1で培った技術と知識を最大限に活かし、ハイパフォーマンスなスポーツ車を発表し続けている。

2016年、グッドウッド フェスティバルでお披露目となった「マクラーレンP1 GT LM」マクラーレンP1 LMは、公道仕様限定モデルとしてニュルブルクリンクで世界最速の6分43秒2を記録した。

3位 ランボルギーニ・ヴェネーノ・ロードスター( イタリア) 450万ドル

イタリアを代表する自動車メーカー、ランボルギーニが創業50周年を記念し、2013年に期間限定で発売した2ドアクーペ。世界に9台しかない幻の高級車である。740馬力のアヴェンタドールと同じエンジンを搭載しており、2.9秒で時速96キロメートルに達する。

スペイン語で「血」を意味するヴェネーノという名称は、スペインの名闘牛士闘牛士ホセ・サンチェス・ロドリゲス氏を試合中に死亡させた闘牛の名からとったそうだ。

2位 ケーニグセグCCXRトレヴィータ(スウェーデン) 480万ドル

世界で2台しかない超高級スーパーカー。そのうちの1台をプロボクサーのフロイド・メイウェザー氏が2015年に購入し、話題を呼んだ。

「トレヴィータ(スウェーデン語で3つの白という意味)」という名にふさわしく、世界で唯一、外装にダイヤモンドを織り込んだ独自のホワイトカーボンファイバーを使用している。当初は3台製造される予定だったが、製造に大変な時間と労力をともなうため、最終的に2台のみの製造となった。4.8リットルV8エンジン搭載、最大トルク1080Nm、1004馬力。

1位 ロールス・ロイス・スウェプテイル(英国) 1300万ドル

ロールス・ロイス,高級車,スウェプテイル
(画像=BMWグループWebサイトより)

高級車の最高峰ロールス・ロイスが2017年、イタリアの自動車コンクール「コンソルソ・デレガンツァ・ヴィラ・デステ」で公開したスウェプテイル 。とある顧客の要望から生まれたという世界最高級のオーダーメイドの2人乗りクーペだ。

「ファントム・クーペ」と同じプラットフォームを使用し、フロントグリルなどからは伝統的なロールス・ロイスを感じさせるが、逆三角形型のガラスルーフやヨットをモチーフにしたテールのデザインが近代的な雰囲気をかもしだしている。(アレン・琴子、英国在住フリーランスライター)

【合わせて読みたい「富裕層ネタ」シリーズ】
富裕層ってどんな人? 1億円の壁の向こう側
富裕層に集まる「超良質な提案」の中身
トップセールスが語る富裕層開拓の極意【1万字インタビュー】
富裕層の懐のコア資産を引き出すコツ【1万字インタビュー】

【訂正】ブガッティ・シロンの車重とランボルギーニ・ヴェネーノ・ロードスターの100㎞加速の単位、マクラーレンP1 LMのレコードの値が間違っておりましたので訂正いたしました。