ロサンゼルス・エンゼルスの大谷翔平選手の大活躍にメディアの報道もヒートアップしている。筆者もMLBのテレビ中継を興奮しながら連日かぶりつくように見ている。これだけ一生懸命MLBを見るのは、イチローがマリナーズでヒットを量産していた頃以来だ。

ところで、株式市場ではイベントやヒット商品があれば関連銘柄を物色するのが常である。そうした中で注目されるのが森永製菓 <2201> だ。同社の株価が4月以降急上昇しているのは「大谷効果」との観測もある。詳しく見てみよう。

発売50周年で「チョコボールの売上」が急増

大谷翔平
(画像=Getty Images)

森永製菓のシンボルマークは「天使」だ。森永の頭文字「M」を天使の羽に見立てたマークをご存知の人も多いことだろう。大谷選手の所属しているのはロサンゼルス・エンゼルスで、こちらも天使がシンボルマークだ。実際、森永製菓がチョコボールのCMに大谷選手を検討しているとの報道が昨年末にあったが、「天使つながり」でCM起用が実現すると相乗効果が期待できそうだ。

ところで、筆者にとって森永製菓のチョコボールといえば「金のエンゼル」と「銀のエンゼル」である。筆者も子供の頃は「おもちゃのカンズメ」欲しさに毎日のようにチョコボールを買っていたものである。そのチョコボールは昨年で発売50周年を迎えた。50周年イベントなどが奏功し、国内チョコボールの売上は2017年3月期の3%減から2018年3月期には23%増と大きく増加した。この勢いで大谷選手をCMに起用すれば国内売上はさらに増加し、海外でもチョコボールを拡販できるのではないだろうか? ファンとしては大谷選手のCM起用が楽しみでならない。

森永製菓の「ハイチュウ」がエンゼルスとスポンサー契約

ちなみに、米国は森永製菓の強化地域でもある。米国向け戦略商品のソフトキャンディ「ハイチュウ」を「HI-CHEW」として拡販している。発売当初は、西海岸の日系ストアのアジアコーナー中心で展開していたが、米系ストアのウォルマート、コストコなどの大手ナショナルチェーンでの販路を開拓、認知度も上がり、エリアも全国区になってきた。

しかし、ハイチュウの認知度向上は何と言ってもMLBの貢献が大きい。もともとレッドソックスの田澤純一選手(現・マーリンズ)がベンチに持ち込んだハイチュウがチームメイトに好評で、あっという間に大リーガーに広がった。好評を聞きつけた森永製菓は輸出による提供を開始、その後、米国内での生産を展開し、レッドソックスやドジャーズなど多くのチームと「スポンサー契約」を締結したのである。スポンサー契約のチームのベンチにはハイチュウが山積みになっており、それがさらなる知名度アップにつながったのだ。

そして2018年、森永製菓のハイチュウは大谷選手が所属しているエンゼルスとも公式スポンサー契約を結び、スタジアムでのイベント、サンプル配布、販売なども企画されている。筆者も大谷選手がハイチュウやチョコボールのCMに起用される下地は十分に整っているように感じるのだが、どうだろうか?

森永製菓の海外売上を見てみよう。2018年3月期の食品製造事業の海外売上は133億円と前期比で7%減少している。海外の売上構成比はまだ6.5%にすぎない。前期の海外売上の減少は円高の影響が大きいのだろう。まだ地区別の詳細は公表されていないが、米国向けは中間時点では前年同期を25%上回っていた。加えて、今期の国内食品製造事業が計画で1%の伸びなのに対し、海外は15%増の154億円を見込んでおり、海外の売上構成比も7.3%まで上昇する見通しだ。同社は米国での売上好調を想定しているのかもしれない。

大谷選手の活躍とともに、森永製菓の株価も上昇

森永製菓の株価は大谷選手の活躍とともに急上昇している。大谷選手が大リーグデビューとなるアスレチックス戦で初打席初ヒットを打ったのは3月29日。デビュー前のオープン戦での評価ははっきり言って芳しくなかった。一方、森永製菓の株価は3月26日に4480円で年初来安値を付けている。その日を底に大谷選手の活躍とともに森永製菓の株価は上昇トレンドを描き、先週5月16日には5920円と年初来高値を記録、3月26日の安値からの上昇率は30%を超えているのだ。もちろん、大谷選手と森永製菓はまだ直接的な契約関係にあるわけではないのであるが、なんとも凄い一致である。

実際に森永製菓の株価を加速したのは5月11日の決算発表である。2018年3月期の売上は3%増の2050億円、本業の利益である営業利益は12%増の197億円だった。営業利益は事前予想の193億円を上回った。加えて、2019年3月期の会社計画によると売上は2%増の2100億円、営業利益は1%増の200億円となっている。決して派手な業績ではないが、今期計画で「7期連続増収」「6期連続増益」「4期連続で過去最高益を更新」する見通しだ。同時に前期の年間配当を5円増配した。翌14日、森永製菓の株価は7%高の5710円まで買われた。その後も16日までの4連騰で5920円高値を付けている。

ヒット商品を連発する森永製菓

森永製菓の業績好調の背景には、食品事業にヒット商品が多いことが挙げられる。2018年3月期の菓子部門の売上を見ると、高ポリフェノールの効能を訴求した「カレ・ド・ショコラ」が7%増、前述のチョコボールが23%増と売れている。栄養機能への訴求を高めて顧客層を拡大した「甘酒」も好調だ。冷菓部門ではアイスクリームの「ジャンボ」がコンビニで好調で6%増。健康部門では、主力ブランドの「inゼリー」が機能性を訴求したマーケティングや広告展開の効果で12%増となっている。さらに「天使の健康」シリーズの通販事業で「おいしいコラーゲンドリンク」が18%増、「パセノール 」が10%増とヒット商品が続出している。

ちなみに、「inゼリー」のCMのメインキャラクターがテニスの錦織圭選手だ。錦織選手の成功を「今度は大谷選手で」と株式市場に連想が広がったとしても不思議ではない。それにしても、CMに起用される前から関連銘柄として注目されるなんて、さすがに筆者もあまり聞いたことがない。それだけ大谷選手はスケールの大きな存在なのだろう。大谷選手の活躍とともに森永製菓のパフォーマンスからも目が離せない。(ZUU online 編集部)