億り人の投資哲学をお届けする連載第2弾の後編では、www9945さんの投資におけるメンタルコントロールの方法や伸びる企業の見つけ方をお届けする。(聞き手:JACK氏、編集:押田裕太 ZUU online副編集長)

【億り人の投資哲学シリーズ】
億り人・夕凪さんが明かす「投資資金が少ない人」が持つべき発想とは?
逆張り投資はお金持ちの戦略? お金持ちになるには順張り投資(夕凪さん)
伸びる投資家は使わない「2つの口癖」とは?(夕凪さん)
億り人が考える、成功する投資家の「質問力」とは?(www9945さん 前編)
資産2億円超の億り人が明かす「伸びない投資家」の特徴とは?(JACKさん)

目次

  1. 「好きこそものの上手なれ」まわりから呆れられるほどハマる!
  2. オススメの本、最近読んだ本
  3. 「株好き」だから続いている
  4. 資産5億円を超えて見えてき景色
  5. 株を始めると経営者目線を手に入れることができる

「好きこそものの上手なれ」まわりから呆れられるほどハマる!

──www9945さんというと街角ウォッチが有名ですよね。もしよかったらご披露してください。

億り人,www9945,JAKC ZUU online Members
(話が盛り上がり場所を変更。移動中も街角ウォッチをするwww9945さん(右))

池袋によく行くんですけど、会議室のティーケーピー(TKP)って会社です。ちょっと前からモーレツに増えてます。あとアパホテルと提携してる。看板にアパホテルって書いあるんだけど、その下にTKPって書いてあるのを見た時に、なんだろうって。札幌で見たのが最初ですかね。最近だと株価はPER70倍台くらいになっていますけどね。

大塚家具の店舗に空きスペースがあるじゃないですか。家具をいっぱい置いたけど、空間が余ってるからそこを貸し会議室にするみたいなことをこの社長が言い出したんですよ。それって凄いことだと思って。で、もう大塚家具の制空権は、一部あの会社なんですよ。発想が違いますよね。けっこう意識しないとわかんないですけど看板がそこいら中にあります。

──なかなか初心者の人だと、この店繁盛してるなと思っても、すぐに企業と結びつけるのは難しいですよね。

一番簡単なのは、新しい店ができる時がありますよね。そしたら、前のお店がなんだったかを思い出すのが良いと思います。前のセクターとかお店がどんなもんだと思ったら、やっぱり新陳代謝起こってるわけですよ。

これもちょっと前の話しなんですけど、大黒屋ってチケットショップがあるじゃないですか。あそこがどいて、そのあとパイプスタジオっていう、電子タバコ専門のお店ができたんです。急速にできた。今ならフィリップモリスとかIQOS(アイコス)とかglo(グロー)とか入ってる。そのお店が流行ってると思って調べてみたら、日本のトランザクションという会社なんですね。子会社で運営してます。お、やった、みたいにつながりましたね、調べるとわかる。

──たぶん、初心者と違って、こういう人だから調べるのが大好き。逆に上場してなくてもここに出資してるのどこだとか、関連とかも全部調べるじゃない。ここのスポンサーどこだとか。そういうのがたぶん好きじゃないとできないですよね。

あらゆるお店に値段がついてるから、株価として。だからもしかしたら、俺もこの一部買えるんじゃないかとか。サンマルクカフェのデニブランのチョコレートくらい持ってるよみたいなね笑 収益の一部を俺のものにするって考えですよね。

けっこう定点観測してたんですよね。ただ、今は都心のど真ん中にいるので、そこにいればすごい速さで移り変わっていくので、茨城にいた昔に比べて、やりやすくなりましたね。ただ、昔みたいに、床が汚れているから、この方面に獣道ができてるから、こっちのほうに売れているんじゃないとかいうことは、今はできなくなりました。

――トイレなどをチェックすることもありますか?

それはしますね。高級百貨店はきれいで当たり前なんですけど、ちょっとした社員とかアルバイトの裁量でお掃除しているところがあるじゃないですか。駄目なところと良いところがハッキリ別れますね。

――良い会社、悪い会社じゃないですけど、信頼できる経営者と信頼できない経営者のようなポイントで見分けることはありますか?