(本記事は、川園樹氏の著書『未来を変える「外見戦略」』KADOKAWA、2018年5月25日刊の中から一部を抜粋・編集しています)

外見戦略
(画像=Webサイトより ※クリックするとAmazonに飛びます)

【『未来を変える「外見戦略」』シリーズ】
(1)ジョブズも「ある場所」に行くときはスーツを着たーー外見戦略とは?
(2)大統領は「外見」で決まる ケネディの逆転勝利に学ぶ見た目の重要度
(3)外見を変えたければ最初に服を買ってはいけない、なぜ?
(4)服選びのときに意識したい「心の状態」とは
(5)なぜジョブズやザッカーバーグは「毎日同じ服」なのに記憶に残るのか?

一貫性がブランド力を強める

外見戦略
(画像=Getty Images)

ブランド戦略で大切なのは一貫性です。

企業のブランド戦略を考える場合、企業理念、ロゴやコーポレートカラー、提供する商品やサービス、それらのデザインなどに一貫性があると消費者は受け入れやすく、強い記憶として残ります。

これは人に対しても同じで、一貫性があると安心感があり、記憶にもよく残りますが、それは一貫性があるからです。

例えば、スティーブ・ジョブズ氏やマーク・ザッカーバーグ氏の服装はとても印象に残りますが、それは一貫性があるからです。

これは、同じ服を着ることが良いというのではなく、「キーワード」を中心として選ぶことで、ブレない「個人ブランド」を築くことができているからです。

一方で、いろいろな要素があり、統一感がないと消費者は「軸がブレている」という印象を持ちます。

企業のブランド戦略を行う場合、明確なコンセプトを作り、「自分たちはこの事業領域で、このターゲットに、この商品を売っていく」ということをまず最初に決めますが、個人も同様です。

ビジネスパーソンにとって一番大切なのは、外見と内面とが一致し、言動に一貫性があることです。

それにより、メッセージがストレートに伝わります。

個人のメッセージが力強くなることは、ビジネスパーソンにとって非常に重要なことです。

しかし中には「多面性があるほうがよいのではないか」と思われる方がいらっしゃるかもしれません。いろいろな髪型、眼鏡、服装のほうが選んでもらいやすいのではないかと思われるかもしれません。

確かにそれも一理ありますが、多面性と言いながら、実際にはイメージが定まっていないことがほとんどです。

多面性とは、一つのブランドイメージが確立した状態でのバリエーションです。

例えば、ある大手美容外科の医師のEさんの場合は、「日本一、〇〇の手術を行っている先生。センスと熱意、信頼感が抜群」というイメージを確立した上で、多面性を出すために、真面目な印象の写真、信頼感がある写真、親しみやすい笑顔の写真、美的センスの良さを感じさせる写真をウェブサイトに掲載しています。いろいろな面を見せると人は安心するからです。

それによって今では、海外からも患者様がいらっしゃり、予約待ちの先生となりました。

一方で、メッセージが定まっていないことは多面性ではありません。

こちらは何一つ伝わりません。でもそういう方は少なくありません。いろいろな要素が乱立すると記憶に残らずメッセージも弱くなります。

3年後のなりたい自分に合わせた「見た目」を作る

私は、多くの経営者の方や政治家の方などのイメージコンサルタントを行っていますが、その時、前述したような「パーソナルイメージプロフィール」を書いてもらいます。

誰しも自分を理解することは難しいものです。だからこそ、今の自分を知り、将来どのようになりたいのかを、なるべく具体的にイメージしてもらいます。

質問の一部を紹介しましょう。

●ビジネスとプライベートにおけるあなたの目標を具体的に書いてください。
●3年後にどのようになっていたいですか。
●3年後に理想の状態になるために、現在足りないものは何ですか。

あなたの場合はどうでしょうか。

「年収1000万円になりたい」というのもよいでしょう。「営業成績ナンバーワンになりたい」、でもよいでしょう。

では、そうなるために今何が足りないのでしょうか。そうした目標を立てた時に、多くの方がとる方法は勉強です。本を読んだり、セミナーに行かれたりします。それも素晴らしいと思います。

しかし、私がお勧めするのは「外見戦略」を並行して行っていくことです。

「コンサルティングシートの質問例」
・3年後の理想の状態
・3年後に理想の状態になるために現在足りないもの
・人生で成し遂げたいこと、ビジョン
・過去の仕事歴
・現在の仕事内容
・どのようなサービスを提供しているのか
・集客から成約までどのような流れで行っているのか
・リピート率、新規、紹介の割合
・理想的なお客様、担当したくないお客様
・あなたのパーソナルブランドを作っていく上での強み
・今後メディアに出ていく予定
・ソーシャルメディア上でどのようなことを意識しているのか
・本当のあなたはどのような人か(哲学、考え方、憧れの人、目標としている人)

なりたい自分と現状の自分を比較すると不足しているものがあるでしょう。

それが「外見戦略」を行う際の重要なキーワードとなります。例えば、

●信頼感を増したい
●説得力のある人になりたい
●力強い印象にしたい

などだとします。まずは、自分に足りないものを言葉で表現しましょう。日頃上司に言われていること、お客様に言われていることでもいいのです。

3年後に理想の自分になるために補うべきことを言葉で明確にします。

川園樹(かわぞのいつき)
国際イメージコンサルタント。静岡県生まれ。明治大学法学部卒業後、富士通株式会社で営業戦略を担当。退職後、Image Resource Center of New York認定スクールで国際基準のイメージコンサルティングの手法と実践を学ぶ。アメリカにてAICI(国際イメージコンサルタント協会)の国際イメージコンサルタント資格を取得。帰国後、海外の要人や政治家、上場企業経営者、文化人やスポーツ選手、起業家など3000人以上のイメージコンサルティングを担当。成果を出すコンサルティングに定評があり、個別コンサルティングはキャンセル待ちが続いている。