中古マンション
(画像=Thinkstock/Getty Images)

目次

  1. 資産価値を高めるリノベーション
  2. 不動産投資におけるリノベーションとは
  3. リノベーション行う際のポイントとは
    1. 1.物件の特徴を生かす
    2. 2.物件の欠点を直す
    3. 3.住環境に適した物件にする
  4. 長所や欠点を見抜き、ニーズに応える目と感性を持とう

資産価値を高めるリノベーション

どんな新築の建物でも、年数が経ってくると、外壁や室内ははどうしても劣化する。そうした劣化を放置しておけば、空室率が高まり、資産の運用どころではなくなる。こうした事態を避けるために、リノベーションは非常に重要な役割を果たす。

しかし、リノベーションの目的を明確にしていないと、結局は新築の状態に戻すだけのリフォームで終わってしまう。そうならないためには、「不動産投資のためのリノベーションとは何か」ということを理解し、物件の価値を高める改修を行うことが必要だ。

用途や機能を変更して性能を向上させたり価値を高めたりするリノベーションのポイントについて説明したい。

不動産投資におけるリノベーションとは

不動産投資におけるリノベーションの重要な点は、そこに住む人たちが求めるものをリノベーションによって提供することだ。自分の好みだけでリノベーションを行ってしまうと、どうしても自分と好みが同じ人しか入居しないことになってしまう。計画にあたっては、自分がそこに住むわけではないということを忘れないでほしい。

独り善がりのリノベーションにならないためには、複数の業者と話をし、友人など幅広い年齢層の意見も聞くことが大切だ。不動産投資である以上、リノベーションは空室率・利回りの改善につながらなくては意味がない。物件に住む入居者を喜ばせ、幸せにさせる改修となるよう心がけよう。

リノベーション行う際のポイントとは