medium-renove

改修それとも補修

築年数が立ってきますと、建物や部屋はどうしても劣化してきます。そして、こうした劣化が進んだ建物や部屋に対して何も行わなければ、利回りどころか空室率も高まってきます。こうした事態を避けるために、リノベーションが非常に重要な役割を果たします。しかし、中古マンションをリノベーションする目的がはっきりしていないために、リノベーションという名の、結局新築の状態に戻すだけのリフォームで終わる方も結構多いのではないでしょうか。以下では、不動産投資のためのリノベーションとは何かということに今一度立ち寄って、その実例について見ていきたいと思います。基本的に リノベーションとは、既存の建物に大規模な改修工事を行い、用途や機能を変更して性能を向上させたり価値を高めたりすることです。しかし実際には、意外と様々ものがあります。

不動産投資のためのリノベーション

不動産投資におけるリノベーションの重要な点は、自分がそこに住む訳ではなのですから自分の住みたい環境をそこに作るのではなく、そこに住む人達が求めるものをリノベーションによって提供することだと思います。自分の好みだけでリノベーションを行った場合は、好みが同じ人しか入居しないと思います。そうなりますと、空室率はむしろ高まり利回り改善どころではないと思います。そのためにも、複数のリノベーション業者と会話し、また自分の友人などの幅広い年齢層の意見を取り入れた上で、最終的に客観的な判断をすべきだと思います。不動産投資のためのリノベーションは、空室率・利回りの改善につながらなければ意味はありません。そのためには、その物件に住む入居者を喜ばし幸せにさせる物件でなくてはなりません。