2019年8月1日(木)Market Talkの内容

広木隆,Market Talk
(画像=Thinkstock/GettyImages)

●昨夜のNY時間では1ドル105円50銭まで進んだ円高ですが、テクニカル的には104円87銭まで節目がありません。今月中に104円台まで円高が進みますか?

米国の金利次第だが、そろそろさすがに長期金利もボトムをさぐるような動きになっているのでそれはないと思う。

●今年の日本株はもう上がらないのでしょうか?

あと5か月弱残されているが今がボトムだと思う。

●この先、日米貿易交渉が始まりますが、アメリカが圧力をかけてきた場合、日経平均は下がると思いますが、下値はいくらでしょうか?

下がらないのではないか。日米貿易交渉は相場には関係ないと思う。

●金価格の見通しは?

金はこれからだろう。今後バブルになる確率が高いからだ。景気が悪くない中、米主導の世界的な金融緩和の状況でバブルにならないわけがない。そこにリブラ(FBの仮想通貨)が出てくると、銀行口座を持てない多くの人がこの新しいスタイルのマネーを使い始め、そうなると過剰な流動性が発生、インフレとなり、貨幣の価値が下がる。そうなったときのことを考えると金のような実物資産(を持つこと)は良いのではないか。

●日経平均の2万円割れはあるか?

今回は2万円割れはいかないのではないか。もし割れれば、PBR1倍割れとなり陰の極ということで買い場となるだろう。

●リートはそろそろ危ないですか?

東京のオフィスビル需要は非常に強く、海外と比較しても割安で利回りもしっかりとれて安定している。本来リートは賃料をとるもので、現在金利がまったく上がる余地がないことを考えると多少価格が崩れてもすぐに買われると思う。

詳細は動画をご覧ください。

Market Talkオンデマンドを視聴する

広木 隆
マネックス証券 チーフ・ストラテジスト

【関連リンク マネックス証券より】
決算集計速報 PART7 ソフトバンクグループの決算は
円ロング拡大 ドルのネット・ロング縮小
魔の8月をどう乗り切るか
同時株安のヘッジ手段:有事の金よりビットコインが堅牢
マーケット急落時に注目したい好業績銘柄とは