対策
(画像=Getty Images)

好むと好まざるとにかかわらず、変化は常に起こる。現状維持はない。たとえ変化が遅いとしても、背後では変化が絶えず揺れ動いている。

多くの場合、変化は自分の外で起こり、対応しなければならない。依存しているカストディアン、技術パートナー、その他の外部資源が買収されたり、変更されたりする可能性がある。そのような状況が発生した場合、どう対応すべきか。

企業の存続にとって最大のリスクは、変化への準備ができていないことだ。これは保険に加入するのと似ている。自動車事故に遭った場合、保険に加入していなければ、保険に加入していたら良かったと思うだろう。しかし、事故が起きる前に、保険に加入するかどうか決断する必要がある。

ファイナンシャルアドバイザーは、事後対応ではなく、事前に変化へ積極的に対応する必要があり、アドバイザー準備計画(APP)がある場合にのみ、その領域に到達できる。

アドバイザー準備計画の作成

APPは単なるビジネス継続性プランではない。ビジネス継続性プランは、オーナー経営者が死亡したり、退職した場合に企業に何が起こるかを決定するものだ。

一方、APPには、何が変化するかについての戦略と認識、変化がさまざまな形で起こった場合に企業が何をできるか、顧客サービスをどのように継続するかの計画が含まれる。

どのような指針を設定する必要があるかを理解するには、米証券取引委員会(SEC)と米金融業規制機構(FINRA)が提供するビジネス継続性計画ひな型から始め、完了したら、次の4つの手順で計画を作成する。

ステップ1:変化を止めることができないこを受け入れる

これは文章を書く前に起きる。その点でネオが最初の映画『マトリックス』で作ったものと違い選択肢はない。赤い錠剤を飲んで目を覚まし、変化を受け入れ、会社のためのより良い前進の道を築くか?それとも青い錠剤を飲んで現状にしがみつくか?

ステップ2:自分に忠実であれ

鏡を見て答えなければならないのは自分自身だ。専門的な意味で「できる限りのことをしているのか?」と聞かなければならない。

ステップ3:ビジネスを成功に導く主な要素を特定する

各環境を確認し、環境に変化が生じた場合の支援計画を特定する。主要人物が会社を辞めたり、退職した場合、経営陣以外の人であっても、どのような過程を経て交代させ、顧客サービスの一貫性を保つか。毎日使用している技術についても同じ質問をする。

ステップ4:コミュニケーション

災害復旧計画を作成しても、内容が誰にも分からなければ、何の役にも立たない。組織全体で認識できるように計画についてチームと話し合い、必要に応じて準備計画を顧客にも伝える。

善意は考慮に入れない

多くのオーナー企業経営者は、変化を受け入れ、適応するための計画を作成する意図を持っているが、実際に包括的な計画を作成するまでに至った企業はほとんどない。

顧客の財務計画についてどのように話すかに関連させると、現在の成果を見て、モンテカルロ・メーターの成功率はどうか?95%の確率ですか?それともずっと低いのか?

仕事の計画を立てて計画を練らなければならない。チームは、変化が起きた時にどこへ行き、何をすべきかを知る必要がある。その知識は積極的な計画と明確なコミュニケーションの形での実践を必要とする。

速いか、遅いかにかかわらず、変化は必ず訪れる。変化に対応するための計画を持つことでチームと顧客を正しく導くことができる。

Jarrod Upton
Upton氏 (MBA、MS、CFP) は、独立系の経営/成長コンサルタント会社Herbers&Companyの最高業務責任者兼シニアコンサルタント。連絡先はwww.HerbersCo.com

© 2020 ALM Media Properties, LLC