本記事は、末永雄大氏の著書『キャリアロジック 誰でも年収1000万円を超えるための28のルール』(実業之日本社)の中から一部を抜粋・編集しています

年収1000万円のキャリア戦略の描き方

転職,年収,ダウン
(画像=PIXTA)

ここからは、「25歳のメーカー法人営業職のCさんが、35歳までに年収1000万になる」というキャリア目標を例に、具体的なポジショニング戦略についてレクチャーしていきます。

まず、大手求人サイトや大手人材紹介会社に登録して、年収1000万円以上の求人を複数閲覧してみましょう。

年収1000万円以上の求人を100件ほど閲覧して、それらの共通項を見つけてルール化していくのです。

そうすると、年収1000万円以上のオファーが出る求人の傾向が見えてくるはずです。

例えば、外資系IT企業やコンサルティングファーム、金融業界、マーケティングスペシャリストや、事業企画職種、システムのPM(プロジェクトマネージャー)、大手事業会社の営業部長や人事責任者などが多数出てくるでしょう。

ざっと傾向を掴んだうえで、「仮に年収1000万円を得られたとして、これらの仕事をやりたいと思えるか」を自問自答してみましょう。

この時点で興味を持てないと感じる求人は排除してください。

その後に、残った求人の必須条件と歓迎条件欄をチェックします。

この必須条件と歓迎条件欄で共通している経験やスキルをまとめましょう。

キャリアの逆算は、まず、希望する求人の必須条件・歓迎条件を把握することが大事です。ここで把握した経験、スキルを段階的に獲得しながら、キャリアアップしていくのです。

では、具体的に、現在の年収が400万円のCさんが35歳時の目標とする「年収1000万円、メガベンチャーのマーケティング責任者」へのプロセスを逆算して考えてみます。

下の年収1000万円を目指すキャリア戦略の図を見てください。

4-1
(画像=『キャリアロジック 誰でも年収1000万円を超えるための28のルール』より)

目標であるメガベンチャーの必須条件を見ると「事業会社のマーケティング部門でのリーダー経験」とあります。このメガベンチャーに入社するには、事前に「事業会社でのマーケティング部門でのリーダー」を、別の会社で経験しておく必要があることがわかります。

まずはこの条件が得られそうな求人を探していきましょう。

探してみると、リーダーポジションの求人は少ないのですが、入社後に成果を出し、リーダーになれそうな求人は多数あります。ここでCさんは「事業会社でのマーケティング担当」の求人に目をつけました。

ただ、「事業会社でのマーケティング担当」の必須条件には「広告代理店、もしくはWEBマーケティング会社の法人営業経験」とあることが多いです。現在「メーカーの法人営業」を仕事にするCさんはこの条件を満たしていません。

ですから、Cさんが「事業会社でのマーケティング担当」になるには、「広告代理店、もしくはWEBマーケティング会社の法人営業経験」を積める会社に入社する必要があります。

「広告代理店やWEBマーケティング会社の法人営業職」は、多くの場合、何かしらの商材の法人営業経験があればチャレンジできます。Cさんはメーカーで法人営業をしているので、これらの求人に応募することができるのです。

このように逆算してキャリアを考えていくと、Cさんが取るべきファーストステップがはっきりとわかりますよね。

今回の事例では、Cさんが年収1000万円を達成するには、まずWEBマーケティング会社などに転職してマーケティングの専門知識を獲得し、次のステップで事業会社でのマーケティングプレイヤー、リーダー経験を得ておけば、メガベンチャーのマーケティング責任者を目指せることがわかりました。

これらの求人を「3年を1つのステップ」として経験を積んでいくことをプランとし、キャリアの逆算を考えておくのです。

自分のキャリアを逆算し、今後の展望を明確にしておくと、企業の知名度、面白そうな仕事内容、自由闊達なカルチャーなどのふわっとした理由で求人選定してしまうリスクを避けられます。

そして、いかに次のステップの求人につながる経験やスキルを獲得できそうかという観点で、キャリアを選択できるようになるのです。

直近のステップとなる求人の年収が低くても、次に繋がる経験、スキルを獲得できるのであれば、迷わずチャレンジすべきです。

ここで、なぜ1つのステップが3年間なのかと思われる方もいると思うので説明しておきます。

キャリアというのは、1つの職種を大体3年で1セットとして評価されることが多いのです。

その職種での「3年」という経験は、その職においてある程度習熟し、成果を出せるだろうという判断基準に充てられるケースが多いという現実があります。あくまで目安なので、前職と関連度の高い経験であれば、厳密には2年や2年半であってもいいでしょう。

逆算型でステップを考え、3年ごとに着実にキャリアを積んでいけば、年収1000万円も達成可能な目標となるのです。

●まとめ

・キャリア戦略は逆算から考える。ゴールとなる求人を集めてリサーチするところから始まる
・ターゲット求人の必須条件欄をチェックし、その必須条件となる経験を獲得できる求人を調べていくことで、目標を達成するために選ぶべき直近の求人がわかる
・キャリアにつながる経験・スキルを獲得できるかを基準に求人を選ぶ

誰でも年収1000万円を超えるための28のルール
末永雄大(すえなが・ゆうた)
新卒でリクルートキャリア(旧・リクルートエージェント)入社。リクルーティングアドバイザーとして、様々な業界・企業の採用支援に携わる。その後、サイバーエージェントに転職しアカウントプランナーとして、最大手クライアントを担当し、インターネットを活用した集客支援を行う。2011年にヘッドハンター・転職エージェントとして独立。2012年アクシス株式会社を設立し、代表取締役に就任。月間40万人の読者が読む転職メディア「すべらない転職」の運営やキャリアに特化した有料パーソナルトレーニングサービス「マジキャリ」など多岐にわたるキャリア支援サービスを展開。転職エージェントとして20代向けの転職・キャリア支援を行いながら、インターネットビジネスの事業開発や大学・ハローワークでのキャリアについての講演活動、ヤフーニュースや東洋経済オンラインでの寄稿など幅広く活動している。

※画像をクリックするとAmazonに飛びます
ZUU online library
(※画像をクリックするとZUU online libraryに飛びます)