medium_420604426

はじめまして、大学院修士課程を修了後、株価推定の事業・研究を行っているT.Tと申します。宜しくお願いします。

今回は、ビッグデータ(ここではtwitter等での不特定多数の発言)を利用した株価推定研究の手法を紹介します。最も有名な研究の株価説明力は極めて高く、その推定結果は「世の中の動きと人々の反応」をうまく反映したものであると言えるものの、現状では厳密な統計的因果関係が証明されているわけではない事には注意して下さい。

そして一般投資家は、これらの研究結果を直接利用出来なくとも、この「数値と感情」で株価が決まる事を再認識でき、情報とそれに対して人々がどう反応するかについての様々な可能性を検討する事の重要性を教えてくれることでしょう。

【参考】

【東京五輪開催決定!】〜注目集まるオリンピック関連株(関連銘柄)のまとめと経済への影響〜
就活生が注目する3業界とは?~医療・公共・教育関連銘柄の今後を占う~
先行する中国、追随する日本〜世界が注目するミャンマー投資と関連銘柄まとめ〜
「次のFacebookを探せ!」2017年、第4次ネットバブルの注目テーマと関連企業って?
TPP参加で生まれるビジネスチャンス〜注目浴びる農業関連銘柄のまとめ〜


◉株価推定手法の二大潮流


株価推定と言っても実務家から研究者まで日夜様々な手法で行われており、全てを網羅して説明する事は不可能ですが、「雇用統計やPER等の経済・企業の潜在的な価値を示しうる数値に基づく分析(ファンダメンタル分析)」と「人々の行動を予測した価格推定(行動ファイナンスによる分析)」に大別する事が可能です。

今回紹介するビッグデータを利用した株価推定手法は、基本的には後者に属します。行動ファイナンス自体は比較的新しい研究分野ですが、「天気に基づく予測」や「1月効果」など古典的な知見も含まれます。

それでは、ビッグデータを利用した株価推定とはどのようなものなのでしょうか。