GettyImages_510738903

(写真=Thinkstock/Getty Images)

2月27日、三菱自動車工業 <7211> と三菱商事 <8058> は、インドネシアの現地パートナーであるPT Krama Yudha(以下KY)とともに、新生産合弁会社であるミツビシ・モーターズ・クラマ・ユダ・インドネシア(以下MMKI)を設立し、ジャカルタ市の東37㎞に位置するGIIC工業団地に新工場を建設すると発表した。新会社は2015年3月に設立予定で、資本金は約200億円、敷地面積30ヘクタール、2018年3月時点での従業員数は約3,000名を見込む。

三菱自動車、三菱商事、KYの3社は、インドネシアにおいて1970年から生産・販売を続け、2014年末には累計130万台(小型商用車及び乗用車)を販売している。インドネシアは、世界第4位の人口を有し、経済成長と共に需要の増加が期待される市場であり、更なる成長を取り込むために小型商用車中心から乗用車への展開拡大を進めていく。

今回、新たに建設する工場は、2017年4月に操業を開始し、年16万台の生産能力となる。従来の生産車種『COLT(コルト)L300』等に加え、新たに開発する小型MPV(多目的車)と、新型SUV(スポーツ多目的車)『パジェロスポーツ』の乗用車を生産する計画で、生産した車両の一部はアセアン各国にも輸出する予定であり、タイに続くアセアンの主要生産拠点として重要な役割を果たすことになる。尚、新型車開発費を含めた総投資額は、約600億円となる見込み。

三菱自動車は、中期経営計画『ニューステージ2016』において、「持続的な成長」と「企業価値の向上」を実現するため、アセアン地域を最重要市場として、タイでピックアップトラック『トライトン』をフルモデルチェンジ、フィリピンで新工場での生産を開始する等、新たなプロジェクトを立ち上げた。これに続き、インドネシアで新工場の建設、新型車の投入など事業再編・強化に取り組み、アセアン地域全体で、各国の市場ニーズを相互補完し、より一層の収益拡大を目指す。

また三菱商事は、インドネシアにおいて、過去40年以上にわたり、自動車の生産、販売、販売金融事業など自動車関連事業を行なってきており、自動車事業の最重要市場の一つと位置付けている。

(ZUU online)

【関連記事】
三菱重工業、三菱商事など5社連合がカタールの地下鉄システムの受注内示を獲得
こんな設備がある物件は価値が下がりにくい?入居者に人気の”意外な”サービス
日経新聞も?過去1年分の新聞記事が全て閲覧可!ネット証券、最新情報サービスが凄い
2015年3月末の“長く持つほど得をする”株主優待銘柄6選!
10万円以下でも買える?2015年の目玉LINE株を上場前に買う2つの方法