ThinkstockPhotos-460831471


(写真=Thinkstock/Getty Images)

パソナグループ <2168> は24日、同日開催の取締役会でインドネシアの人材サービス会社「PT Dutagriya Sarana(デュータグリヤ サラナ)」=以下DGS社、の株式49.0%を取得し子会社化する方針を決議した、と発表した。同グループは既に人材紹介事業をインドネシアで展開しているが、現地企業を子会社化することで総合人材サービスを開始し、海外事業を強化する方針。

パソナグループは2012年、インドネシアに「PT Pasona HR Indonesia」を設立し、人材コンサルティング業に取り組んできた。発表資料よると、インドネシアはASEANの中でも自動車業界など日系企業の進出も顕著で、労務管理や人材育成など人材サービスへの要望も多い一方、外資参入規制で早期のサービス提供が困難だったという。

DGS社はインドネシアで金融、ITなどの専門分野に強く、同国の人材派遣で有数の規模を誇るという。今後、同社がパソナグループのサービスメニューを活用し、現地企業や日系企業の顧客層を拡大していく。パソナグループは「日系企業の人財戦略と成長を支えるパートナーとして、国内と同水準の人材サービスをインドネシアで展開してまいります」としている。

(ZUU online 編集部)

【関連記事】
不動産投資の肝「銀行融資」を有利に進めるには2つの審査軸を意識せよ!
リクルートが豪人材派遣会社2社を約360億円で買収…M&A加速へ
日経新聞も?過去1年分の新聞記事が全て閲覧可!ネット証券、最新情報サービスが凄い
「フラット35」11ヵ月ぶり金利引き上げ 意外な時限爆弾はREIT?
10万円以下でも買える?2015年の目玉LINE株を上場前に買う2つの方法