iPs細胞培養
(写真=Thinkstock/Getty Images)

富士フイルムホールディングス <4901> は3月30日、iPS 細胞の開発・製造の大手の米 Cellular Dynamics International (CDI)を買収すると発表した。

発表によれば、CDIは2004年設立のバイオベンチャーで、2013年7月にはNASDAQ への上場を果たしている。また、同社は高品質の iPS 細胞を大量に安定生産する技術を保有しており、大手製薬企業や先端研究機関などと供給契約、開発受託契約を締結しているとのことだ。

富士フイルムは、他分野でもiPS細胞ビジネスを展開しているCDIの事業と、子会社で再生医療製品を提供するJ-TECの品質マネージメントシステムとの相乗効果により、再生医療製品の開発加速させ、再生医療の事業領域の拡大を図る姿勢だ。(ZUU online 編集部)

【関連記事】
東証が4月に創設する「インフラファンド市場」 海外動向を追ってみた!
不動産活用が1日単位で可能に?『軒先ビジネス』が生み出す新たな資産
日経新聞も?過去1年分の新聞記事が全て閲覧可!ネット証券、最新情報サービスが凄い
大手も投資信託の直接販売へ―三井住友が口座開設を4月から受け付け開始
10万円以下でも買える?2015年の目玉LINE株を上場前に買う2つの方法