ニトリ

(写真=ニトリHD HPより)

ニトリホールディングス <9843> は3月30日、2015年2月期の連結決算を発表した。営業利益は前年比5.1%増の663億700万円で、4172億8500万円(同比7.7%増)の売上高とともに28期連続で最高を更新した。純利益も同比7.9%増の414億5千万円と過去最高を更新した。

家具・インテリア用品の販売では素材や品質、デザイン性を重視した積極的な商品開発を強化。低価格商品を維持しつつ、高機能かつ高品質な商品を増やし、新たな客層の獲得にも取り組んだ。ソファ「Nコア」シリーズやマットレス「Nスリープ」などの自社開発商品の販売が好調で、客数は2.0%減少したものの客単価が3.6%増加し、業績アップにつなげた。

期末配当は従来予想から3円上乗せした29円で、中間配当26円と合わせて1株当たり55円とした。

16年2月期の見通しについては、連結売上高が前年6.6%増の4450億円、営業利益は同比7.1%増の710億円、純利益は5.2%増の436億円としている。

(ZUU online 編集部)

【関連記事】
東証が4月に創設する「インフラファンド市場」 海外動向を追ってみた!
導入増える株主優待…柿安、ニトリが株主優待を充実化
日経新聞も?過去1年分の新聞記事が全て閲覧可!ネット証券、最新情報サービスが凄い
窮地に陥った「すき家」一転して黒字化を達成できた理由
10万円以下でも買える?2015年の目玉LINE株を上場前に買う2つの方法