ランサーズ
(写真=Thinkstock/Getty Images)

日本最大級のクラウドソーシングサービスを運営する「ランサーズ」(東京都渋谷区)は、4月3日、世界92カ国以上のデザイナーが参加するクラウドソーシングサービス「designclue(デザインクルー)」を4月1日付けで買収した、と発表した。

デザインクルーを運営するCrevo(クレボ)と合意した。デザインクルーは、ロゴデザインやモバイルアプリアイコン、カードデザインなどのデザイン制作を1万9900円からコンペ形式で依頼することができる。1500社以上の導入実績があるという。

ランサーズは「時間と場所にとらわれない新しい働き方の創造」をビジョンに掲げるクラウドソーシングサービスを手がける。海外ではフリーランスで活躍するワーカーが増加傾向にあり、今後は海外展開を視野に入れた取り組みを進めていくとみられる。(ZUU online 編集部)

【関連記事】
転出超過自治体ランキング、ワースト3 人口減少問題の本質とは?
なぜ日本より米国の方が富の格差が大きいのか?「r>g」からみてみた
日経新聞も?過去1年分の新聞記事が全て閲覧可!ネット証券、最新情報サービスが凄い
相続対策で流行りの「賃貸アパート経営」出口戦略を見据えた選択を!
10万円以下でも買える?2015年の目玉LINE株を上場前に買う2つの方法