貿易
(写真=Thinkstock/Getty Images)

財務省は8日、2月の国際収支状況(速報)を発表した。モノやサービスなど海外との総合的な取引状況を示す経常収支は1兆4401億円の黒字となった。黒字は8ヶ月連続。

経常収支は前年同月比8413億円増の1兆4401億円で、黒字幅が拡大した。「貿易・サービス収支」の赤字幅縮小と、「第一次所得収支」の黒字幅が拡大したことが要因。

貿易・サービス収支は2518億円の赤字だったが、前年同月に比べて4880億円赤字幅を縮小した。自動車や半導体電子部品を中心に輸出が増加したことや訪日外国人旅行者数の増加で旅行収支が5カ月連続の黒字となったことから、赤字幅が縮小した。

「第一次所得収支」は1兆8622億円で同比4020億円増と、黒字幅を拡大させた。証券投資収益の増加や直接投資収益の増加が影響した。(ZUU online 編集部)

【関連記事】
原油 日本経済に吹く「神風」金融緩和・円安・原油安はトリプルメリット
日本人大富豪ランキング トップ20の顔ぶれはこれだ!/a>
日経新聞/日経MJ/四季報まで閲覧可?会員制データベースに自由にアクセスする方法
注目の水素ステーション&燃料電池関連銘柄10選!
10万円以下でも買える?2015年の目玉LINE株を上場前に買う2つの方法