映画館
(写真=Thinkstock/Getty Images)

東宝 <9602> が4月14日大引け後に決算を発表した。15年2月期の連結決算は純利益前年比27%増の224億円で、3期連続で過去最高を更新した。一大ブームとなった「妖怪ウォッチ」のアニメ映画などがヒットしたほか、興行事業でも話題作が多く、業績を押し上げた。

営業収入は同4.7%増の2069億円、営業利益は同11.7%増の317億円、連結経常利益は前年比12.6%増の341億円で、増収増益になった。

主力の映画事業のうち、映画営業事業では「GODZILLA」やドラえもん映画初の3DCG作品となった「STAND BY ME ドラえもん」、アニメ映画「映画 妖怪ウォッチ 誕生の秘密だニャン!」がヒットを記録。TOHOシネマズを中心とするグループ興行会社で「アナと雪の女王」や「ベイマックス」など話題作を上映し、映画館入場者数が4020万2千人と前年度に比べて9.7%増加するなど興行部門が好調に推移した。映画事業全体で、営業収入は1328億円(前年度比6.2%増)、営業利益は194億円(同10.9%増)となった。

16年2月期については、営業事業と演劇事業で営業収入の減少を見込み、営業収入は2059億円(前年度比0.5%減)、営業利益は296億円(同6.8%減)、経常利益は311億円(同8.9%減)、当期純利益は192億円(同14.6%減)を予想している。(ZUU online 編集部)

【関連記事】
双日グループがミャンマーでコールドチェーン物流サービスを開始
2015年フォーブス 世界大富豪ランキング「女性」トップ10の傾向は?
日経新聞/日経MJ/四季報まで閲覧可?会員制データベースに自由にアクセスする方法
注目の水素ステーション&燃料電池関連銘柄10選!
10万円以下でも買える?2015年の目玉LINE株を上場前に買う2つの方法