世界的なグローバル広告会社であるイギリスのWWPグループが先日発表したブランド価値ランキングは2015年で10回目になる。ブランド価値の算出およびランキングはイギリスのリサーチ会社「ミルウォード・ブラウン」が実施。表示金額は各企業の公開財務情報や年1回実施しているブランドに関する消費者調査などの結果から算出されている。ラグジュアリー部門のTOP10をみてみよう。

10位 ティファニー 32億3200万ドル 前年ランク外

tiffany

(写真=Thinkstock/Getty Images)
2014年発表の新コレクション「ティファニーT」や新展開のメンズラインが好調で堅調が続くティファニー。日本などアジア市場では売上が落ちているが、米国やユーロ、ポンドが下落している欧州などで売上高が拡大している。

9位 マイケル・コース 38億1500万ドル 前年ランク外

初のランクインとなったマイケル・コース。1981年誕生のブランドでまだ歴史は浅いが、めざましい成長を遂げている。他のブランドと比べると抑えた価格帯だが、新興国ではラグジュアリーブランドとして展開されており、ブランド価値も向上している。

8位 バーバリー 57億2200万ドル 前年比4%マイナス

BURBURRY

(写真=Thinkstock/Getty Images)
デジタルマーケティングなど革新的進化で2013年度には過去最高の売上と利益を達成したイギリスの老舗ブランド。日本市場の売上が4倍になるなど、香港や韓国も含めアジア太平洋地域全体で売上が増加。2015年も中国を中心に20店以上の路面店を出店する計画だ。

7位 プラダ 65億4000万ドル 前年比35%マイナス

PRADA

(写真=Thinkstock/Getty Images)
中国の景気減速の影響を特に大きく受けたのがプラダだ。中国、香港、マカオでの売上不振が大きく、株価も大幅下落となった。旅行者の減少が革製品の販売を圧迫したことが原因とみている。新製品投入を続けて低迷脱却を図る計画だ。