曙ブレーキ
(写真=Thinkstock/Getty Images)

日系自動車部品メーカーのリコールが相次いでいる。自動車向けブレーキなどを製造する曙ブレーキ工業 <7238> は6月12日、米自動車大手GMのリコールに伴い、対策品を再度納入する構えをとっている。

今回の曙ブレーキ工業のリコールは、GMがの2015年モデル2車種について、米国家道路交通安全局に対してのリコールに伴うもの。タカタ <7312> のエアバッグに続く、日系自動車部品メーカーのリコールだ。

曙ブレーキ工業の発表によれば、具体的には、シボレーコロラド2015年モデルとGMCキャニオン2015年モデル の合計1万4838台となり、両車種で採用されたブレーキの不具合に対応する格好だ。

なお、リコールの対象となる車両が生産されたのは、2014年1月6日から2014年12月24日の間とのこと。

また、同社ブレーキのリコールの理由としては、GMに納入しているフロントブレーキキャリパーからブレーキオイルが漏れ、ブレーキ性能が低下する恐れがあるとのこと。(ZUU online 編集部)

【関連記事】
世界「ブランド価値」ランキングTOP100 日本から選ばれた5社とは?
日本人大富豪ランキング トップ20の顔ぶれはこれだ!
日経新聞・四季報などがネット上で全て閲覧可!?その意外な方法とは
ホンダ、モトGP2連覇の競技用バイクを2190万円で販売
10万円以下でも買える?2015年の目玉LINE株を上場前に買う2つの方法