サンダー・ピチャイ氏
(写真=Getty Images)

米グーグルが8月10日に発表した、持ち株会社アルファベット(Alphabet)新設は大きな驚きをもってとらえられた。アルファベット傘下にインターネット検索のグーグル、医療事業、投資事業など、さまざまな事業を子会社として置き、ラリー・ペイジ最高経営責任者(CEO)は、アルファベットのCEOに就任。これに伴って、グーグルの新CEOに、長い間ペイジ氏の腹心を務めてきたサンダー・ピチャイ上級副社長が引き継ぐことが発表された。ペイジ氏は国内でも有名な存在だが、ピチャイ氏の知名度は日本では決して高くない。ピチャイ氏とは一体どんな人物なのか。


インド生まれの43歳、マッキンゼーなど経てグーグルへ

ピチャイ氏は1972年、インド・チェンナイで生まれた43歳。インド工科大学カラグプル校で工学士の学位を取得し、スタンフォード大学で理学修士(MS)、ペンシルヴェニア大学で経営学修士(MBA)をそれぞれ取得、冶金学・工学・経営学における経歴を買われてマッキンゼー・アンド・カンパニーにコンサルタントとして入社。その後、2004年にグーグルに入社している。現在は結婚して一男一女の父でもある。本人は物静かな性格でチェスを好むそうだが、実際には野心的との評価も聞こえてくる。特にテクノロジー分野では誰よりも新しいことに挑戦してきた。

【関連記事】

・米グーグル、組織再編で持ち株会社新設へ 事業の透明性など確保

・グーグル創業者の妻が起こす「遺伝子検査」革命


ツイッター、マイクロソフトも欲しがったとされる人材

ピチャイ氏はグーグルで、ChromeとChrome OSの開発を率いたほか、GmailやGoogle Mapの開発にも関わったという。グーグルがChromeをスタートさせた2008年ごろは、Internet ExplorerやFirefoxなどがあり、新しいブラウザの必要性に対しては懐疑的な見方も大きかった。それだけに、今のChromeの大きなシェアはピチャイ氏の評価の高さにつながっているといっていいだろう。

2013年にはアンディ・ルービン氏に代わってAndroid部門の責任者に昇格、ペイジ氏の「Lチーム」と呼ばれる上級副社長たちで構成されるグループの中でも最も重要なメンバーになっている。2014年10月には製品担当上級副社長に昇格した。ツイッターは2011年にこのピチャイ氏をグーグルから引き抜こうと試みているが、結局失敗に終わっている。マイクロソフトも2014年にはCEOとしてピチャイ氏を引き抜くのではないかと噂されたが、結局ピチャイ氏はグーグルを離れることはなかった。


グーグルでは最もコアビジネスに精通する存在

今年3月にブルームバーグが行ったインタビューでピチャイ氏は、グーグルが今後数年、これまでの優れた体験を、より途切れさせることなく、ユーザーにとってインテリジェントな体験へと高めることに力を注ぐと答えている。この時点では詳細を語っていないが、Androidのさらなる進化を目指していることをほのめかしている。またグーグルの考えるコンピューティングは、ユーザーが端末でできることを自動化するための開発であり、数か月後に詳細を発表できるだろうとも述べている。

常に市場に驚きを与え続けてきたグーグル。その新しい舵取り役に就任したピチャイ氏の口から、今後の方向性が語られる日を待ち望んでいるという声は小さくない。(ZUU online 編集部)

【関連記事】
中国人民元切り下げの基調は「プラス評価」か?
時価総額過去最高?日経平均への影響も予見される郵政3社の上場に迫る
なぜ、今「赤色」が人気なのか?景気と色のおもしろい関係
日本人大富豪ランキング トップ20の顔ぶれはこれだ!
ビジネスマン必見!日経をネット上で閲覧する意外な方法とは?