特集AI 人口知能がもたらす禍福 専門家たちの金言 3月株主優待特集 広告特集「太陽光投資」 特集「不動産投資のはじめ方」 特集「仮想通貨/ビットコイン」 DC特集
日本
Written by 笹原 英司 11記事

グーグル創業者の妻が起こす「遺伝子検査」革命

JMTAZcDJiG29i-jpqIa2nQ_kit_standing
(写真=HPより)
世界の課題解決型Health-Techとイノベーターの群像
第2回 遺伝子検査からゲノム創薬支援への展開を目指す23andMe

あわせて読みたい:
第1回 Health-Techで注目の米企業Fitbit「価値創造力」の源とは?

 米国シリコンバレー発の草分け的な遺伝子検査サービス企業が「23andMe(トゥエンティースリー・アンド・ミー)」だ。

 日本では、DeNA <2432>  傘下のDeNAライフサイエンス、ヤフー <4689> 、ファンケル <4921>  傘下のファンケルヘルスサイエンス、ソフィアホールディングス <6942>  傘下のジーンクエスト、DHC、大学発ベンチャーのサインポストなどが同様のサービスを提供しているが、23andMeの教訓に学ぶべきことは何だろうか。

グーグル出資のスタートアップ 23andMeが直面した規制の壁

 23andMeは、2006年、グーグル創業者セルゲイ・ブリン氏の妻で生物学者のアン・ウォイッキ氏とリンダ・アベイ氏、ポール・クセンザ氏によって創設された。人間が持つ23対の染色体が社名の由来だ。

 2007年にシリーズA、2009年にシリーズB、2010年にシリーズC、2012年にシリーズDの資金調達を完了し、現在、主要株主として、ユーリ・ミルナー、ジョンソン・エンド・ジョンソン、MPMキャピタル、ロシュ・ベンチャー・ファンド、グーグル・ベンチャーズ、ニュー・エンタープライズ・アソシエーツらが名を連ねる。

 23andMeは、2007年11月、Webベースの一般消費者向け遺伝子検査「パーソナル・ゲノム・サービス(PGS)」の販売を開始し、盤石な財務基盤をベースに順風満帆な事業拡大路線を歩み続けていたかに見えたが、医療業界特有の法規制という壁にぶつかった。

 2013年11月、米国食品医薬品局(FDA)が、PGSの検査精度の信頼性に問題があるとして販売中止命令を23andMeに発動したことから、同社の売上高が半減し、企業存続の危機に陥ったのである。

次のページ>>ピンチをチャンスに変えた専門人材とは?

123
page 1 of 3
グーグル創業者の妻が起こす「遺伝子検査」革命
ZUU online の最新記事を
毎日お届けします
PREV 自分の身は自分で守れ!過信してはいけない「機能性表示食品...
NEXT 新サービス発表にみるアップルの「苦悩」