コンビニコーヒー

(写真=PIXTA)

毎日コーヒーを飲んでいるという人は多いのではないだろうか。職場に自由に飲めるコーヒーが設置してあればよいが、毎日購入するとなるとバカにならない。コーヒーを楽しみながら、お得に飲む方法を紹介する。

【コンビニで】ローソンならタンブラー持参かプリペイドカードでお得

今や、どのコンビニエンスストアに行っても、ドリップコーヒーを提供している。ローソンの「MACHI cafe(マチカフェ)」では、タンブラー持参で10円引き。Sサイズの100円でも10円引きとなり、10杯飲むと1杯お得になるわけだ。また「MACHI cafe DRINK CARD」を買えば3,000円で3,200円分購入できるため、2杯お得になる。

他のコンビニエンスストアでは、タンブラー持参可能なところはあっても、値引きは行っていない。

【新幹線で】5枚つづりのチケットでお得

出張などで頻繁に新幹線を利用する人向けに、車内販売のコーヒーをお得に飲む方法を紹介しよう。株式会社ジェイアール東海パッセンジャーズでは、通常1杯320円で販売しているが、5枚つづりのコーヒーチケットを1,350円で購入すると1杯あたり270円となり50円もお得だ。ただし使用期限が半年なので注意が必要だ。

【スタバで】One More Coffeeで100円で飲めてお得

コーヒーと言えば、スターバックスを思い浮かべる人は多いのではないだろうか。しかしコンビニコーヒーなどと比べれば相対的に高いと感じる人もいるかもしれない。そこで、スターバックスのコーヒーをお得に飲む方法を何点か紹介しよう。

・ マイカップ持参
スタバでは、タンブラーを持参している人を見かけることも多いはず。タンブラーやマグボトルを持参することで、1杯あたり20円引きとなる。

・ 2杯目を買うならレシート持参
ドリップコーヒーを購入した当日のレシートを見せれば、2杯目のドリップコーヒーが100円になるというサービスが「One More Coffee」。購入したお店に限らず使用できるためお得で便利。さらにサイズが大きいほどお得だ。
ドリップコーヒーのサイズは、ショート(240ml)280円・トール(350ml)320円・グランデ(470mL)360円・ベンティ(590ml)400円となっている。これが2杯目100円となればショート2杯では、480mlで380円、ベンティ2杯だと1,180mlで500円になる。

・ スターバックスカードチャージ
カードに5,000円以上チャージすると、不定期だがドリンク無料券がもらえるというサービスがある。スタバを頻繁に利用する人は、持っておいたほうがいいカードだ。

・ ルミネ内のスタバなら……
ルミネ内にあるスタバであれば、ルミネカードで支払いすることによって5%の割引を受けられる。さらにルミネの10%割引のセール中だとコーヒーも10%引きとなる。

・ ドリンク無料券を手に入れる
オークションなどにスタバのドリンク無料券が出品されていることがある。購入金額にもよるが、少しでも安く飲みたいという人は探してみてもいいかもしれない。

【その他で】 電子マネー支払いなどでお得

その他のコーヒー店でもお得に飲む方法がある。たとえばドトールコーヒーでは、200円分×11枚のチケットを2,000円で購入できる。プロントでは電子マネーEdy(エディ)で支払いをすると、ドリンク10%引きというサービスも。

その他のコーヒー店でもお得なサービスが存在する。お気に入りのコーヒー店がある人はぜひ確認してみよう。(ZUU online 編集部)

【編集部のオススメ記事】
2017年も勝率9割、株価好調の中でもパフォーマンス突出の「IPO投資」(PR)
資産2億円超の億り人が明かす「伸びない投資家」の特徴とは?
株・債券・不動産など 効率よく情報収集できる資産運用の総合イベント、1月末に初開催(PR)
年収で選ぶ「住まい」 気をつけたい5つのポイント
元野村證券「伝説の営業マン」が明かす 「富裕層開拓」3つの極意(PR)