日経平均
(写真=Thinkstock/Getty Images)

12月18日の東京株式市場で、日経平均株価は前日比366円76銭安の1万8986円80銭と3日ぶりに反落した。

前日の米国株安を背景に18日の東京株式市場では午前の寄り付きから利益確定売りが広がった。後場寄り付き後に日銀が量的・質的金融緩和を補完する措置を発表。これを受け、上げ幅は一時500円超まで拡大したが、時間とともに補完措置に対する疑問が広がり手仕まい売りが加速した。(ZUU online 編集部)

【関連記事】
・「日経の景気指標面」を私が熟読する理由――小宮一慶氏
・投資家必見!IPO当選確率を上げる5つの方法
・スター・ウォーズ「フォースの覚醒」公開で株価が上がる?
・社会人注目!社会人注目!日経新聞・四季報などがネット上で全て閲覧可!その意外な方法とは
・国民年金保険料を滞納し続けるとどうなるのか?