当日の登壇者(写真=HPより)
当日の登壇者(写真=HPより)

FinTechへの注目が日に日に高まる中、銀行など金融機関に限らず、各種のサービス事業者がその将来と可能性について考えるイベント「デジタルとユーザーで創る金融の未来」が2月5日、東京・虎ノ門ヒルズで開かれる。主催はネットイヤーグループと三菱UFJリサーチ&コンサルティング。ネットイヤーの石黒不二代社長の基調講演のほか、FinTech事情に詳しい関係者によるトークセッションが行われる。

オムニチャネルと金融?

セミナーのコンセプトは「ALWAYS BANKING YOU WANT, NOT AT BANK」。銀行でなくても、いつでも求めるバンキングサービスが受けられる社会の到来を想定したものだ。

内閣府や経済産業省の審議会などで委員を務める石黒氏氏は「金融×デジタルマーケティング 金融業界のオムニチャネル構想」と題して講演する。オムニチャネル構想が今以上にデジタル化し、顧客との接点が増える金融業界どのように寄与するか、新しい未来を創造できるかといった観点から話す予定。

またもう一つの基調講演では、三菱UFJリサーチ&コンサルティングのプリンシパル、松田克信氏が登壇、「金融業界におけるデジタル活用の現状」と題して話すという。

トークセッションにはFinTechの専門家が登壇

その松田氏を司会に迎えるトークセッションには、石黒氏のほか、マネーフォワード取締役でFinTech研究所所長の瀧俊雄氏、プライスウォーターハウスクーパース金融サービス部シニアマネージャーの平島亮氏、PKSHA Technologyデジタルマーケティング事業部長の神谷勇樹氏、ZUU社長の冨田和成氏がパネリストとして参加する。

テーマとして考えられているのも、「非金融機関における金融サービス進出の展望とその未来」「ハイパーコネクト時代の幕開けと脱銀行そう取り込みへのチャネル戦略」--などだ。

開場は午後3時、開演は同4時。最初に松田・石黒両氏の講演がそれぞれ30分ずつ行われる。同5時から約1時間のトークセッション、同6時から懇親会が予定されている。100人程度の参加を見込んでいる。参加費は懇親会の軽食・ドリンク付きで3000円。場所は虎ノ門ヒルズフォーラムのホールB(4階)。

申し込みはこちらから できる(外部サイトに移動)。

(ZUU online編集部)

【編集部のオススメ記事】
2017年も勝率9割、株価好調の中でもパフォーマンス突出の「IPO投資」(PR)
資産2億円超の億り人が明かす「伸びない投資家」の特徴とは?
株・債券・不動産など 効率よく情報収集できる資産運用の総合イベント、1月末に初開催(PR)
年収で選ぶ「住まい」 気をつけたい5つのポイント
元野村證券「伝説の営業マン」が明かす 「富裕層開拓」3つの極意(PR)