(写真=Thinkstock/Getty Images)
(写真=Thinkstock/Getty Images)

モルガン・スタンレーは元テクノロジー部門の責任者だったジム・ローゼンタール氏を、ウェルスマネージメント部門の新COOとして迎え入れ、テクノロジー強化に本腰を入れている。

「デジタル・テクノロジーが我々の将来の鍵を握っている」というジェームズ・ゴーマンCEOの声明通り、今後テクノロジー強化に関する全てを専門家であるローゼンタールCOOの手に委ねることから、大きな飛躍への意気込みが伝わってくる。

注目が集中しているロボットアドバイザーの導入やそのほかの詳細については、スマートフォン対応のアカウント・サービス開始以外に公表されていないが、米投資信託会社、モーニングスターでモルガン・スタンレーの分析を手掛けているマイケル・ウォン氏は、一足先にロボットアドバイザーを導入した米大手証券会社チャールズ・ シュワブなどを例に挙げ、「スタンレーには同様の準備が十分に整っている」とコメントしている。(ZUU online 編集部)

【編集部のオススメ記事】
2017年も勝率9割、株価好調の中でもパフォーマンス突出の「IPO投資」(PR)
資産2億円超の億り人が明かす「伸びない投資家」の特徴とは?
株・債券・不動産など 効率よく情報収集できる資産運用の総合イベント、1月末に初開催(PR)
年収で選ぶ「住まい」 気をつけたい5つのポイント
元野村證券「伝説の営業マン」が明かす 「富裕層開拓」3つの極意(PR)