(写真=PIXTA)
(写真=PIXTA)

おはようございます。今度は欧州で銀行に対する懸念が取りざたされ始めました。マイナス金利の影響が過剰に反応されている日本市場でも銀行の収益悪化などが実しやかに言われそうです。ただ、実際に運用先があれば良いということですし、近視眼的に見て行ってもしょうがない話なので、ここは素直に配当利回りなどを期待して見ても良いのではないかと思います。

短期で回さなければならないと思うから株が買えないということであり、バフェット流に会社を保有するつもりで、業績が好調な銘柄、配当や優待がしっかりしている銘柄を買っておけば良いのではないかと思います。目先の値動きについて売り買いがしたいということであれば先物やETF(上場投資信託)などでバタバタしていればいいのではないかと思います。

米国株が大きく下落したことから売り先行となりそうです。為替も円高となったことや夜間取引やシカゴ市場(CME)で日経平均先物が大きく売られていることもあり、軟調な展開となりそうです。特に何が材料となるということでもないのですが、マイナス金利効果がはげたという印象が根強いことから芳しくない決算などもあって売り急ぐ動きになりそうです。春節期待と言うことで小売株の一角は下げ渋りとなるのではないかと思います。

下値を試す動きから一転戻しましたが1万7000円水準が上値と言う雰囲気になりそうです。下値は1万6000円水準と見られますが、1万6500円を割り込んだところで買いが入るかどうかということになりそうです。1万7000円水準を割り込んだところからは売り難さも見られ、底堅さが確認されればあっさりと1万7000円水準までは戻すのではないかと思います。

本日の投資戦略

米国株は下げ渋ったものの大幅安となり、本日の日本市場も冴えない展開となりそうです。ただ、昨日も週末の米国株が安かったにも関わらず値ごろ感からの買戻しが見られたので、本日も下げ渋りからの買い直しなどが期待されます。

中国は春節の動向が気になりますが、今度は欧州での銀行株の動向が取りざたされ始めました。原油価格の下落やマイナス金利の影響などが取りざたされているようですが、騒いでみたものの、結局は大丈夫と言うことになるのではないかと思います。


清水 洋介(しみず ようすけ)
証券経済アナリスト。大和証券、ソシエテジェネラル証券、マネックス証券を経て投資情報サービス会社「ピクシスリサーチ」を設立 <現・ アルゴナビス > 、「チャートの先生」「投資のプロ」として、講演やセミナー活動を活発に開催。テレビや雑誌などでも投資についての解説、講義なども行っている。 メールマガジン も配信中。

※当記事は、証券投資一般に関する情報の提供を目的としたものであり、投資勧誘を目的としたものではありません。

【編集部のオススメ記事】
2017年も勝率9割、株価好調の中でもパフォーマンス突出の「IPO投資」(PR)
資産2億円超の億り人が明かす「伸びない投資家」の特徴とは?
株・債券・不動産など 効率よく情報収集できる資産運用の総合イベント、1月末に初開催(PR)
年収で選ぶ「住まい」 気をつけたい5つのポイント
元野村證券「伝説の営業マン」が明かす 「富裕層開拓」3つの極意(PR)