S&P500種,米企業
(写真=Thinkstock/Getty Images)

2015年度のS&P500企業データから、AppleやJPモルガン・チェースといった巨大企業28社が、純利益総額の5割以上を独占していることが明らかになった。S&Pグローバル・マーケット・インテリジェンスが公開した。

米企業の業績が著しく低下した昨年、苦境を逆手にとった大企業の戦略が功をなしたものと推測されるが、上位10社中5社は金融セクターなど偏りの激しさを指摘する声も聞かれる。

プライベートバンクCIO「株式相場に偏りを生じさせかねない」

昨年第4半期に過去最高の184億ドル(約2兆993億円)という純利益を弾き出し、2位のJPモルガンを2倍以上引き離して首位に輝いたApple。絶好調だったiPhoneとiPadの売り上げが数字に大きく貢献したようだ。2位、3位のJPモルガンとバークシャー・ハサウェイもともに240億ドル(約2兆7341億円)を上回る純利益をあげた。

これらの非価格競争力をもった大手企業は、強い資金力と事業規模を利用して市場を支配するだけの影響力があり、「小企業には到底太刀打ちできる相手ではない」というのが世間一般的な見解だ。

しかし2014年度には純利益総額の5割を52社が独占するなど、年々色合いを増す大企業による「純利益の凝縮化傾向」は、市場にとって手放しで歓迎できる風向きではないようだ。

米BOMプライベート・バンクのチーフ・インベストメント・オフィサー、ジャック・アブリン氏は、「投資家を底堅い銘柄に集中させ、株式相場に偏りを生じさせかねない」と、少数企業の利益独占による長期的マイナス影響を指摘している。

S&Pグローバル・マーケットのアナリストは、今年のS&P500種の伸びを2.2%と予想している。

米S&P500企業純利益ランキング

28位 ユナイテッド・コンチネンタル 0.9%(73億ドル/約8330億7600万円)
27位 コカ・コーラ 0.9%(74億ドル/約8444億8800万円)
27位 フォード 0.9%(74億ドル/約8444億8800万円)
25位 ユナイテッド・テクノロジーズ 0.9%(76億ドル/約8673億1200万円)
25位 アメリカン航空 0.9%(76億ドル/約8673億1200万円)
23位 ダウ・ケミカル・カンパニー 10%(77億ドル/約8789億5500万円)
22位 コムキャスト 10%(82億ドル/約9360億3000万円)
21位 プロクター・アンド・ギャンブル 1.1%(85億ドル/約9702億7500万円)

20位 ウォルト・ディズニー 1.1%(91億ドル/約1兆388億円)
19位 オラクル 1.1%(92億ドル/約1兆502億円)
18位 GM 1.2%(97億ドル/約1兆1077億円)
17位 Cisco 1.3%(103億ドル/約1兆1763億円)
16位 Microsoft 1.4%(114億ドル/約1兆3019億円)
16位 Intel 1.4%(114億ドル/約1兆3019億円)
14位 IBM 1.6%(132億ドル/約1兆5074億円)
13位 AT&T 1.7%(133億ドル/約1兆5189億円)
12位 ウォルマート 1.8%(147億ドル/約1兆6787億円)
11位 ジョンソン・エンド・ジョンソン 1.9%(154億ドル/約1兆7587億円)

10位 バンク・オブ・アメリカ 2%(159億ドル/約1兆8147億円)
9位 エクソン・モバイル 2%(162億ドル/約1兆8481億円)
8位 Google 2%(163億ドル/約1兆8595億円)
7位 シティ・グループ 2.1%(172億ドル/約1兆9621億円)
6位 ベライゾン・ワイヤレス 2.2%(179億ドル/約2兆420億円)
5位 ギリアド・サイエンシズ 2.2%(181億ドル/約2兆684億円)
4位 ウェルス・ファーゴ 2.8%(229億ドル/約2兆6124億円)
3位 バークシャー・ハサウェイ 3%(241億ドル/約2兆7493億円)
2位 JPモルガン・チェース 3%(244億ドル/約2兆7836億円)
1位 Apple 6.7%(537億ドル/約6兆1272億円)
(ZUU online 編集部)

【編集部のオススメ記事】
2017年も勝率9割、株価好調の中でもパフォーマンス突出の「IPO投資」(PR)
資産2億円超の億り人が明かす「伸びない投資家」の特徴とは?
株・債券・不動産など 効率よく情報収集できる資産運用の総合イベント、1月末に初開催(PR)
年収で選ぶ「住まい」 気をつけたい5つのポイント
元野村證券「伝説の営業マン」が明かす 「富裕層開拓」3つの極意(PR)