特集「財務諸表」の読み方 特集「保険」 広告特集「M&A/事業承継」 特集「本を読む。」 DC特集
投資の応用
Written by ZUU online編集部 6,785記事

米国との比較に見る日本の資産運用〜「貯蓄から投資へ」の流れはあるのか?〜

Vintage Investing

日本と米国の資産運用の特徴

 日銀が3月25日に発表した25日に発表した2013年10─12月期の資金循環統計によると、日本の個人金融資産1,645兆円にのぼっています。またその内訳をみると、現預金53%、株式・投信14%となっています。一方、米国の個人金融資産の構成比は、現預金13%、株式・投信45%です。米国の資産運用では、リスク資産の割合が高いことが特徴です。一方、日本では、現預金や元本確保型の金融商品が好まれ、株式や投信信託などリスク金融資産での運用が進んでいません。

日米比較:リタイア後の夢や生活レベル

 少し古いデータなのですが、2004年に日興コーディアル証券が『日米の55~69歳の主婦に聞く「リタイア後の生活費と資産運用」日米比較意識調査』レポートを発表しています。その中で、日本の主婦の4人にひとりが、リタイア後の生活について、「憂鬱だ」と答えたのに対して、米国の主婦の3人に2人が、リタイア後の生活について、「楽しみにしている」と答えています

 また、当レポートでは、リタイア後の夢について、米国の主婦がリタイアを軌に夢の実現を図りたいと回答したのに対して、日本の主婦は、生活レベルの現状維持を答えています。日本の主婦は、現在の資産レベルからリタイア後には「ぎりぎり」「そこそこ」になりそうだと予想していると言えます。

 とはいえ、平成18年版「国民生活白書」では、高齢者の消費意欲が以前に比べて高い傾向が見られると、報告されています。高齢者の月別消費金額は、年を取ればとるほど低下傾向にあるわけですが、近年は、低下する度合が緩やかになっているのです。年齢を重ねても消費意欲が衰えなくなっていると言えます。また、旅行、趣味・習い事、健康・スポーツへの支出は、50歳代の4割前後が「大幅に増える」か「多少増える」と回答しており、教養や娯楽に積極的に支出する意欲が強いです。

日米比較:リタイア後の生活費の原資

 上記の「日米比較意識調査」では、リタイア後の生活費に充てたいと思う資金の出所として、公的年金・企業年金(日本 86.3%、米国 66.5%)、預貯金(日本 67.7%、米国 39.0%)、個人年金(日本 46.0%、米国 40.0%) (括弧内は回答者の割合)となっており、日本はコツコツ貯めた預貯金を取り崩す意向が米国よりも強いことがわかります。米国は、預貯金を取り崩さす、幅広い生活費の原資をもつことに特徴があります。

 上記の「国民生活白書」を読むと、高齢者が完全リタイアするまでの収入の内訳がたいへん興味深いです。月間実収入の内訳は、次のようになっています。世帯主60~64歳:勤務先 57.3%、公的年金 21.8%、預貯金取り崩し11.6% であるのに対して、世帯主65~69歳:勤務先 25.1%、公的年金 43.8%、預貯金取り崩し23.6% です。さらに、世帯主70~歳:勤務先 11.4%、公的年金 58.1%、預貯金取り崩し22.9% となっています。すなわち、日本は米国よりも、預貯金の取り崩しの意向は強いのですが、それでも、リタイア後の生活費に占める預貯金の取り崩しの構成比は3割程度になるのではないかと推測されます。

12
page 1 of 2
米国との比較に見る日本の資産運用〜「貯蓄から投資へ」の流れはあるのか?〜
ZUU online の最新記事を
毎日お届けします
PREV 投資情報を活かしたNISAの運用アイデア19選(4)
NEXT 投資情報を活かしたNISAの運用アイデア19選(5)