特集「財務諸表」の読み方 特集「保険」 専門家たちの金言 特集AI 人口知能がもたらす禍福 特集「本を読む。」 DC特集
投資の基礎
Written by 谷山歩 113記事

敬遠するのはもったいない

四季報で「お宝銘柄」発掘 5つのチェックポイントとは?

四季報の見方,株式投資
(写真=PIXTA)

株を始めたばかりの人にとっても会社四季報を知っているひとは多いことだろう。見た目が分厚いため、初心者だと敬遠しがちになってしまうのではないだろうか。

しかし、会社四季報には株式市場に上場している銘柄の情報を余すところなくとらえたうえで、それがコンパクトにまとめられているためお宝銘柄を発掘できる場合が多い。

そこで、ここでは四季報を読み解くために、①企業のもうけ、②企業の健全性、③株価を動かす主体、④株価の見通し、⑤その他留意点の5つの具体的ポイントに絞ってお伝えしていこう。

(1)企業のもうけを把握するために

まずは株価が業績に対して割安かどうかをはかるためにPER(株価収益率)とPBR(株価純資産倍率)の2種類を確認する。

◯PER…1株あたり利益に対する株価の大きさ(業種間での比較が必要だが、一般的に10倍以下が割安とされる)
◯PBR…1株あたり資産に対する株価の大きさ(業種間での比較が必要だが一般に1倍以下が割安だとされる)

上記2つの指標は、株価が現在割高かどうかを一発で白日のもとにさらすものだ。ただ四季報記載の上記数値は過去のものであるため、現在の数値も必ず確認しよう。

次に、業績の伸びを確認するために利益の推移を確認する。

「業績」の項目には、売上高、営業利益、1株利益などの企業の成績表が過去5年分が記載されている。特に重要なのは営業利益と1株利益の推移だ。例え、今赤字であっても、今後黒字化が見込まれるのであれば株価は大幅上昇を演じる可能性がある。

(2)企業の健全性を把握する2つのポイント

財務は株式投資において一番見過ごされる傾向があるが重要な確認項目である。企業利益が仮に落ち込んだ際に、立て直すための底力を判断することもできる。

目を通しておきたい所は次の2点だ。

1.キャッシュフロー
2.利益剰余金や有利子負債の多さ

1のキャッシュフロー(以下CF)に関しては、営業CF、投資CF、財務CFの3種類がある。財務が好調な企業では、営業CFがプラス(手元にキャッシュが手元にある)、投資CFがマイナス(設備投資に積極的)、財務CFがマイナス(借り入れを返済している)という状態になる(例外的に不動産企業などは営業がマイナスとなることが多い)。

通常、営業CFがマイナスであることはそれほど好ましい状態とは言えない。手元に資金がない状態では資金がショートしてしまうケースもあるからだ。

2の利益剰余金や有利子負債の多さもチェックだ。利益剰余金は、文字通り企業が生み出した利益をプールしたもの、有利子負債は利子付きで返却する必要のある借金である。好ましい状態は利益剰余金が多く、有利子負債が少ない状態だといえる。

次のページ
続いて残り3つ…… 株価を見通すポイントは?
12
page 1 of 2
四季報で「お宝銘柄」発掘 5つのチェックポイントとは?
ZUU online の最新記事を
毎日お届けします
PREV 投資リスクをとる「肉食系女性」は婚期が遅れがち?
NEXT お金が無いから投資できない? 「給料以外」の資金づくり3選