特集「本を読む。」 特集AI 人口知能がもたらす禍福 広告特集「M&A/事業承継」 専門家たちの金言 特集「不動産投資のはじめ方」 特集「仮想通貨/ビットコイン」 DC特集
欧米
Written by ZUU online編集部 4,532記事

裕福な起業資産家がターゲット

クレディ・スイス 超富裕層向け投資銀行を米国で設立?

クレディ・スイス投資富裕層米国
(写真=Thinkstock/Getty Images)

スイスの大手金融機関クレディ・スイスが、米国の超富裕層を対象にした投資銀行の立ち上げ準備にはいったことが社内メモから明らかになった。

従来のウェルス・マネージメント事業とは一線を置き、融資や資本市場、M&A関連のアドバイスに焦点をあてた路線を予定しているという。

昨年、米国のプライベート・ウェルス・マネージメント業務から撤退した後だけに、戦略を練りなおしての再進出といった気迫が感じられる。

コスト削減だけではなく、最大限の利益創出を目指す

今回の動きから、金融機関の顧客層が多様化する中、クレディ・スイスが世界各国で増加中の超富裕層顧客の獲得に専念しようとしていることがわかる。

背景には昨年6月、新たに就任したティージャン・ティアムCEOによる大規模な事業再編があり、継続価値の低い事業の縮小を図る一方で、利益創出に大きく貢献する分野を押し広げる意図だ。

クレディ・スイスは今年2月、2015年第4四半期の58億スイスフラン(約6017億5295万円)という純損失がひびき、通期決算がリーマンショック(2008年)以来の赤字となった事実を報告。2016年第1四半期も積みあがった非流動資産のポジションが要因となり、二四半期連続の赤字を記録した。

そのしわ寄せは、コスト削減というお決まりの手段で補われることになる。削減されたのはいうまでもなく従業員だ。今年にはいってロンドン、ニューヨークを中心に、すでに6000人の人員削減を実施している。

こうした犠牲を支払った代償としてか、意外にも第2四半期には純利益10億5100万スイスフラン(約1090億4178万円)で黒字復帰。

しかしティアムCEOの再編戦略はコスト削減にとどまらず、最大限の利益創出という方向を目指している。

次のページ
大衆に歩みよろうとしているライバル企業とは正反対のアプローチ
12
page 1 of 2
クレディ・スイス 超富裕層向け投資銀行を米国で設立?
ZUU online の最新記事を
毎日お届けします
PREV 【7月米雇用統計】雇用者数は前月比25.5万人増。今後の持続可...
NEXT 仏ソシエテ・ジェネラルがアフリカでハッカソン