バフェット氏,長期投資,株式投資
(写真=Getty Images)

世界一の投資家は誰かと聞かれれば、多くの人が「ウォーレン・バフェット氏」の名を上げるだろう。フォーブス誌によると投資家ウォーレン・バフェット氏(以下、バフェット氏)の資産は、2016年に745億米ドルに達したようである。

世界を代表する大投資家であるバフェット氏だが発する一言一言が金言であり、名言として残ることが多い。バフェット氏とランチをする権利が3億円以上で落札されたのが話題となったが、バフェット氏と実際に会って話をすること自体にそれだけ大きな価値があるとみなされているのだ。

バフェット氏の投資スタイルは、企業の株価が本来あるべき価値よりも下がったときに買い長期で株を持つ長期投資である。ここではバフェット氏の名言をご紹介し、その言葉の意味を読み解くことでバフェット氏お得意の長期投資の極意を学ぶことにしよう。

買うのは企業、株ではない

株式投資をする際に、多くの投資家は株価に着目してしまいがちだ。それゆえに株価の上げ下げに一喜一憂をしてしまう。

バフェット氏はそんな短期的な株価の上下には見向きもしない。上記の名言は、株を買うという認識でいるからこそ株価の値段が気になるのであり、見るべき目線を企業にむければ株価の上げ下げは視線の中に入っては来ないのだ、ということを伝えたいのだろう。

バフェット氏が経営権を握るバークシャー・ハサウェイの経営は、企業を買収することで収益を上げてきたが、バフェット氏は企業経営を始める前から企業買収の視点を常に持ち続けていたのだろう。いわゆるその企業を丸ごと買いたいのでないなら1セントだろうと投資しないというスタンスである。

そもそも本来の株式投資とは、企業の一部を買うことで企業の部分的なオーナーになることを指す。昨今の短期投資ブームによって、忘れがちな株式投資の本質を教えてくれる名言だといえるだろう。

1ドルのものを40セントで買う哲学

ウォーレンバフェット氏は長期投資家として有名だ。長期の株式投資には、大きくわけて成長株投資と割安株投資の2種類があるが、バフェット氏の投資スタイルは後者の割安株投資である。

割安株投資においては、株式を買うかどうか判断する際には企業の「価値(バリュー)」に重きを置く。企業の事業内容と業績などを数値化してみたときに、明らかに市場で評価されているより株価が安い時に投資を行う。そしてその株価が適切に評価されて本来あるべき株価になるまで待つのだ。

割安株投資においては、有名な割安指標が存在しているがバフェット氏は指標面だけでなく企業のビジネススタイルが継続的に利益を出せるかどうかにも着目しているようだ。

株式投資の極意は良い銘柄を良いタイミングで買い良い会社である限り持ち続けること

この名言は一見すると当たり前のように感じるかもしれないがほとんどの投資家がこれを実行できないでいる。

バフェット氏式のスタイルで投資を行っても勝てない投資家が多いのは、結局のところこの名言通りの投資ができていないからなのだ。

特に、良いタイミングで良い株を買うことまでは実行できても、良い会社であると判断して持ち続けることが難しいのだ。株式投資においては「利確(利益確定)」のタイミングを測ることが難しいといわれる。例えば、100円で購入した株が、200円になったときに大喜びをして売却したら、その株が1000円以上になるということが日常茶飯事なのだ。

バフェット氏のように、その企業の株式と一生を添い遂げるような気持ちで保有を継続していないとその恩恵を受けるのは難しいのだ。

世論調査なんて考えることの代わりにはなりません

世論調査は、何か物事について一般の人々がどう考えているのか意見を集めた調査結果のことだ。株式の世界では特にこの世論調査があてにならないことをバフェット氏は伝えたいようだ。

そもそも株式投資はみんなが行っていることを同じように行っても儲からないものだ。美人投票の原則もこれにあてはまると思うが、重要なことは自分の頭で考えて実行することなのだ。

例えば、バフェット氏はIT系(人気のネット系)には決して投資を行わなかったのだという。多くの投資家がIT系企業へと投資を行う中、バフェット氏は生活用品などを扱う企業への投資を続けていた。結果ITバブルの崩壊には巻き込まれずに済んだのだ。

もし世論の流れに乗って、IT企業への投資を行っていたらバフェット氏の資産も大きく減っていたかもしれない。

バフェット氏から様々なことを学ぼう

4つの名言からわかることをまとめると次のようになる。

◯ 企業の事業や業績などを見て短期的な株価の値動きに惑わされてはいけない
◯ 安易な利益に飛びつかないこと
◯ 本来の価値よりも安い株価になっているときに買うこと
◯ 自分の頭で考えること

バフェット氏はこれ以外にも多くの名言を残している。また、バフェット氏は投資以外でもライフスタイルにこだわりがあったり、資産の多くを慈善活動へと費やしたり、その生き方に惹かれる人も多い。投資のみならず人生に関するいろいろなことを学んでみてはいかがだろうか。

谷山歩(たにやま あゆみ)
早稲田大学を卒業後、証券会社において証券ディーリング業務を経験。ヤフーファイナンスの「投資の達人」においてコラムニストとしても活動。2015年には年間で「ベストパフォーマー賞」「勝率賞」において同時受賞。個人ブログ「 インカムライフ.com 」を運営。著書に『 元証券ディーラーたにやんの超・優待投資 草食編 Kindle版 』(インカムライフ出版)がある。

【編集部のオススメ記事】
2017年も勝率9割、株価好調の中でもパフォーマンス突出の「IPO投資」(PR)
資産2億円超の億り人が明かす「伸びない投資家」の特徴とは?
株・債券・不動産など 効率よく情報収集できる資産運用の総合イベント、1月末に初開催(PR)
年収で選ぶ「住まい」 気をつけたい5つのポイント
元野村證券「伝説の営業マン」が明かす 「富裕層開拓」3つの極意(PR)