医療,遺伝子療法,難病
(写真=Thinkstock/Getty Images)

2017年は最新医療技術を利用した遺伝子療法への注目が、遺伝子療法先進地域である欧米を中心に、世界中でさらに高まりそうだ。

様々な分野での研究開発が急速に発展している遺伝子治療だが、コスト面や安全性、効果性、承認問題などが足かせとなり、現時点では遺伝子治療を受けられる患者数が限定されている。今後数々の臨床実験の成功例から遺伝子治療への承認件数が増えていけば、より多くの企業を遺伝子療産業に誘致し、コスト面の引きさげも期待できるだろう。

高額な治療費が治療の普及をさまたげる