特集「財務諸表」の読み方 特集「保険」 広告特集「M&A/事業承継」 特集「本を読む。」 DC特集
欧米
Written by FinTech online編集部 518記事

米通貨監督庁がリスク分析

2017年銀行の重要課題「FinTech競争力強化」「サイバー攻撃対策」

サイバー攻撃,競争力,リスク
(写真=Thinkstock/Getty Images)

2017年は大手銀行にとって、解決すべき課題が山積みの一年となりそうだ。米財務省通貨監督庁(OCC)は最新のレポートの中で、規制強化や負債額増加、世界情勢の目まぐるしい変化などに加え、FinTechの脅威を今後のリスク要因のひとつとして挙げている。

そのほか英ナショナル・サイバー・マネージメント・センター(NCMC)は、銀行および金融機関を狙ったサイバー攻撃がさらに激化する可能性に警戒を呼びかけている。

銀行にとって生存をかけた1年となるか?

OCCは1月5日、米銀行および貯蓄金融機関の潜在的リスクを検証したレポートを発表。共存路線でいくかと思われた「FinTechの脅威」を再浮上させた。OCCは銀行が新たなテクノロジー導入の圧力下にあることへの認識を示したうえで、システム改革には「戦略的計画が必須となる」との警告を発している。

しかし「進化し続ける消費者からの需要の対応をおこたれば、企業存続に関わる結果となりかねない」と、FinTech化における競争力強化の重要性を改めて指摘した。

一方英BBCはサイバー・セキュリティーが今年の重要課題になると予測。その中でNCMCのリチャード・べハム会長は「サイバー攻撃が信用が崩壊させ、大手銀行が失脚することになるだろう」と予言している。

銀行を狙ったサイバー攻撃は近年急増しており、被害規模も巨大化している。2015年以降だけでもバングラデシュ中央銀行(被害総額810万ドル(約9億5029万円)、ロシア中央銀行3100万ドル(約36億3599万円)などの大型ハッキング事件が相次いで起こった。

英国では11月、テスコ銀行の9000件の顧客口座から総額250万ポンド(約3億5736万円)が被害にあい、一大パニックとなった。しかしこうした大きな事件は、無数に拡散する小規模なハッキング被害の氷山の一角だといわれている。

英中央情報局が42万ポンド(約5997万円)を投じてサイバーセキュリティー部門の人員増加などにあたっていることなどが、英FinTech情報サイト「Finextra」で報じられているが、銀行側の強化姿勢も非常に重要なカギをにぎっていることはいうまでもない。銀行にとっては多方面での対策に追われる年となるだろう。(FinTech online編集部

【編集部のオススメ FinTech online記事】
金融業界のビジネスパーソンはFinTechの進行に危機感を持たなければならない
最新の株価指数「FinTech指数」とは?
ロボアドサービスを公開したウェルスナビ「より使いやすい見た目や操作感を……」
CEATEC開催 MUFGが初出展、AIを活用したサービスを展示
「FinTech化が進む金融業界で活躍できる人材とは?」

2017年銀行の重要課題「FinTech競争力強化」「サイバー攻撃対策」
ZUU online の最新記事を
毎日お届けします

今話題の『FinTech』

PREV ポンド安で英高級ボート売上倍増、予期せぬBrexit効果?
NEXT 雇用者数は市場予想を下回るも、全般的に良好な内容で労働需...