8時間睡眠,ストレス,ジェフ・ベゾス
(写真=PIXTA)

最近、8時間睡眠が注目されている。昔から「理想の睡眠時間は8時間」と言われてきたが、長時間労働が心身に与える悪影響が広く知られ、より効率的な働き方へと社会の関心がシフトしてきていること、さらに米Amazonのジェフ・ベゾスCEOを始めとする世界的な成功者たちが8時間睡眠の重要性について発言していることが、その要因だろう。

心理カウンセラーとしても、8時間程度の睡眠時間を確保することは重要だと、私は思う。カウンセリングに来られる方の多くは睡眠に問題を抱えているが、これが改善されるだけで、心身ともに調子が安定するケースを何度も見てきているからだ。一方で8時間睡眠がストレスになることもある。良い睡眠のために何に気をつけるべきか、ご紹介したい。

8時間睡眠が良しとされる理由

8時間睡眠が良しとされているのは、仕事でベストのパフォーマンスを発揮できるためである。日本睡眠医学協会によると、睡眠障害は脳機能に影響を及ぼし、集中力や判断力、論理的思考力だけでなく、意欲や感情抑制まで低下させる。当然ながら、これでは仕事の質も効率も落ちる。十分な睡眠を取って脳疲労を回復し、持っている力を発揮する方が、個人にとっても企業にとってもメリットがあると言えるだろう。

とはいえ、8時間睡眠には2つの問題がある。1つは、実行するのが容易ではない点。もう1つは、あくまでパフォーマンス低下を防ぐものであり、能力が上がるわけではない点である。

8時間睡眠に縛られる生活

1つ目の問題から見ていこう。月間の残業時間を労働基準法で定められている45時間、通勤時間を日本人の平均とされる1時間20分として1日の流れを考えると分かりやすい。

午前9時ギリギリ出社としても、午前7時半には家を出なければならない。手早く身支度を整えるとして7時起床。残業は1日約2時間なので、休憩1時間を考慮すると退社は午後8時、帰宅は午後9時半といったところだろう。しかし、睡眠時間8時間を確保するため午後11時には就寝しなければならず、自由な時間はたったの1時間半のみ。夕食と入浴を済ませたらすぐに寝る、というスケジュールになる。

いかがだろうか。仕事終わりに趣味や友人との交流を楽しむ時間などないことが分かるだろう。考えるだけでストレスが溜まりそうな生活である。また、常に時間に縛られていると緊張が増し、睡眠の質も低下する。これでは8時間寝ても疲労回復効果は上がらず、本末転倒になる。

こうした状態を防ぐには、週間単位や月間単位で夜のスケジュールを管理すると良い。しっかりと残業する日、仕事帰りに趣味などを楽しむ日、8時間睡眠の日といった具合に、あらかじめ定時の18時以降をどう過ごすのか予定を組んでおく。睡眠不足は長く続くほど仕事に支障をきたすが、1日おきや2日おきに8時間睡眠をとっていれば、さほど大きな問題にはならないものだ。6時間程度の睡眠は確保すべきだが、その範囲であれば我慢せず遊んだ方がリラックスでき、かえって回復力も上がるので、仕事にも好影響があると言えるだろう。

十分な睡眠に変えてもパフォーマンスが上がらないケース

2つ目の、能力を向上させるわけではないというのも重要な点だ。十分な睡眠がパフォーマンス向上に繋がるのは、本来仕事をするのに十分な能力があるにも関わらず、睡眠時間が少ないため判断力等が落ちている場合である。そのため、1日7時間程度睡眠がとれていたり、仕事中さほど眠気を感じず元気でいたりする人には、8時間睡眠にしても大きな効果は期待できない。

成果が上がらないのは睡眠不足に因るものか考えて欲しい。より良い仕事をする上で、知識やスキル、コミュニケーション能力などに伸ばす余地があるのなら、そこに力を注ぐべきだろう。高い能力があるほど、十分な睡眠で得られる効果も高くなる。さらに仕事の能力が上がれば、残業を減らし睡眠時間を増やすことも出来る。睡眠不足は、自分の能力不足から目を背ける口実としての魅力があるので、誘惑に負けないよう気をつけるべきだろう。

睡眠に害を及ぼす意外なモノ

もう1つ、家族との関係も実は良い睡眠にとって重要である。ともに過ごす家族との仲が悪いと、帰宅後にリラックスすることができず、睡眠の質が低下してしまう。帰宅時刻も遅くなりやすく、睡眠時間が削られる要因となる。家族仲は、コミュニケーション不全から起こることが多いので、「短時間でも毎日会話をする」「一方的に話さず、相手の言葉に耳を傾ける」「挨拶は欠かさない」の3つは最低でも習慣づけて欲しい。

質量ともに十分な睡眠は確かに大切なものだが、それが仕事の悩みを全て解決してくれるわけではない。また、改善は一朝一夕でできるものでもない。8時間睡眠にがんじがらめにならず、今の自分に必要な課題を考えた上で、仕事と睡眠のバランスを図ってほしい。

藤田大介 DF心理相談所 代表心理カウンセラー この筆者の記事一覧

【編集部のオススメ記事】
2017年も勝率9割、株価好調の中でもパフォーマンス突出の「IPO投資」(PR)
資産2億円超の億り人が明かす「伸びない投資家」の特徴とは?
株・債券・不動産など 効率よく情報収集できる資産運用の総合イベント、1月末に初開催(PR)
年収で選ぶ「住まい」 気をつけたい5つのポイント
元野村證券「伝説の営業マン」が明かす 「富裕層開拓」3つの極意(PR)