英国,貯蓄,へそくり,離婚
(写真=Thinkstock/Getty Images)

「夫婦間のへそくり」という概念に国境はないようだ。日本では総額44兆円といわれるタンス預金が、国際金融都市、ロンドンを首都にもつ英国ではどのように受けとめられているのか見てみよう。

へそくりの語源と日本のへそくり事情

考えてみれば「へそくり」とは奇妙な言葉である。語源を調べてみると元々は「臍繰り金(へそくりがね)」の略で、昔の主婦が紡いだ麻糸を幾重にも巻きつけた「綜麻(へそ)」を繰って稼いだお金を、主人に黙ってこっそり蓄えていたことに由来するようだ。綜麻という漢字がいつどこで臍にすり替わったかは定かでない。

そのへそくりが40兆円を超えるという日本。KDDI株式会社が昨年7月、20代から40代の既婚男女500人を対象に実施した調査では、48%がへそくりの経験者であることが判明。へそくり金額は1万円から1000万円以上と非常に幅広い。

へそくりの目的は「自分の小遣い(54%)」が圧倒的に多く、「万が一の備え(42%)」「所帯をもったため(29%)」「内緒で購入したいものがある(11%)」「子どもの就学費(11%)と続く。経済的な自由と生活スタイルの変化が日本のへそくり背景といったところだろうか。

パートナーの貯蓄額は自分の把握している2倍?

それではお金にシビアなイメージの強い、英国人のへそくり(Secret Saving)事情を見てみよう。2015年の英ロイズ銀行の調査によると、英国人のタンス預金総額は36億8000ポンド(約4946億4913万円)。日本の44兆円にはおよばないものの、2013年から2014年の2年間と比較すると32%の増加を見せている。

調査に協力した18歳から64歳の英既婚者・事実婚者2057人中、へそくりをしている割合は10%と少ない目だが、その大半が貯蓄のおよそ半分に値する46%をへそくりに回しているというから驚きだ。つまり自分はパートナーの貯蓄額を把握していると思っていても、相手にはその2倍の貯蓄があるということになる。

へそくり額の割合も2013年から18%増と年々上昇している。それと同時に実際の貯蓄額を水増ししてパートナーに伝えている割合も7%と、前年から3ポイント増している。

信頼関係の欠落?5割が「パートナーに嘘の所得を申告」

日本と英国が大きく異なる点はへそくり理由だろう。英国人のへそくりの主な理由は「万が一の備え(42%)」や「パートナーの浪費癖(25%)」で、自分の小遣いと回答したのはわずか10%だ。

この差がどこに起因するのか探るために、もうひとつ興味深い調査結果を例にあげてみよう。英生命保険・金融サービス大手、プルーデンシャルが昨年8月、40歳以上の英既婚者・事実婚者を対象に実施した調査では、1047人のうち46%が「本当の所得を隠している」。また23%は時間外労働などの臨時収入に関して、固く口を閉ざしているという。

ほかにも38%が「5万ポンド(約688万円)以上のへそくりがある」、9%が「内緒で投資用口座を開設した」といった事実が発覚している。

こちらの調査結果では、へそくりのトップ理由が「老後のため」となっている。既婚者の場合、夫婦間の共同積立にしておいた方が税金対策面などで何かと有利なのだが、27%が頑なに「へそくりとしての年金積立」にこだわっている。これは将来離別した時のことを想定にいれた、シビアな判断なのだろうか。

その疑問に答えるかのように、21%が「万が一離別した時のため」を理由に挙げている。特定のへそくり理由がないと回答している22%が「全財産を共有するのは嫌」、11%が「経済面で相手を信用できない」と答えていることから、英国のへそくり事情にはカップル間の信頼関係が大きく影響しているという印象を受ける。

2割が「負債返済用へそくり」住宅ローンを秘密にしている回答者も

プルーデンシャルによる調査からは、消費者ローンの存在が所得隠しの背景に色濃く浮きでていることも判明している。

回答者の15%以上が「パートナーが知らない9000ポンド(約124万円)以上の負債」を抱えており、「負債返済用へそくり」に励んでいるというのだ。負債は主にクレジットカードによるものだが、中には住宅ローンなど多額の負債をパートナーに隠しているケースもある。

49%が負債理由を「毎月の赤字が積もり積もった結果」としているということは、負債が膨らむ前にパートナーに相談していないということだろう。また7%は「ストレスによる浪費」、6%は「(前パートナーとの共同住宅ローンなど)過去の関係からの借金」をこっそり返済する目的で、所得を秘密にしているようだ。

「夫婦でも個別の資産を所有しておきたい」

ロイズ銀行は今後カップル間のへそくりが定着していくと予想している。共有口座よりも個人口座が好まれる傾向が年々強まっており、「夫婦(あるいは事実婚夫婦)でも個別の資産を所有しておきたい」という、ある種のインディペンデンス(独立性)がここで紹介しきれなかった多数の調査結果にも反映されていた。

女性の方がへそくりが上手なのは日本も英国も同じのようだ。英国男女のへそくり割合が9:11であるのに対し、日本でもすべての年代において女性の方がへそくり経験が多いと報告されている。その中で30代の女性が最もへそくりが上手いそうだが、英国でも最もへそくりしている年代は35歳から44歳となっている。

最後に、日本では「へそくりはタンスに隠す」というのが伝統的だが、英国ではこっそり銀行口座を開設するというパターンが最も一般的だ。家の中に隠す場合は、カーペットの下や額縁、ドライフラワーを飾った花瓶、工具箱、(相手がゴミ処理をしないという想定で)ごみ箱とごみ袋の間などが多いようだ。

(英国在住フリーライター:アレン琴子)

【編集部のオススメ記事】
2017年も勝率9割、株価好調の中でもパフォーマンス突出の「IPO投資」(PR)
資産2億円超の億り人が明かす「伸びない投資家」の特徴とは?
株・債券・不動産など 効率よく情報収集できる資産運用の総合イベント、1月末に初開催(PR)
年収で選ぶ「住まい」 気をつけたい5つのポイント
元野村證券「伝説の営業マン」が明かす 「富裕層開拓」3つの極意(PR)