投資を始める,生命保険,キャッシュ
(写真=PIXTA)

筆者は現在、マネースクールを開講している立場上、お金についての相談をよく受ける。その中でよくある悩みで多いのが、「投資の必要性は分かっているが、まとまった資金がないから投資ができない」というものだ。しかし、実際に話を聞いてみると、自分には投資はできないと決めつけてしまっているだけのケースも多い。

大体の人が投資を躊躇しているのは「万一のことがあった時のために、すぐに動かせるお金(普通預金など)があった方がいい」と考えているためだ。ムリをする必要は無いが、預貯金の一部を投資に回してみてはどうだろうかという提案だ。

キャッシュの考え方 「フロー」と「ストック」の違い

まずは、キャッシュについての考え方から説明していこう。キャッシュには、「フロー」と「ストック」の2つがある。一般的に、フローとは「お金の出入り」のこと、ストックとは「蓄え」のことだと説明されることが多い。

しかし、例えば、「今は手元にお金が残っているけれど、来月はクレジットの支払いが多い」というような場合に「このお金はストックなのかフローなのか」という判断ができなくなる。そこで、筆者はフローを「動いているお金」、ストックを「動いていないお金」と捉えている。

つまり、フローは入ってきた瞬間からストックとなり、そのストックを「以後、使う予定があるかないか」というのはその先の話と考える。早い話、ストックがない場合は「フローを使って投資ができる環境にするしかない」ということになる。

「フローを使った投資」とは、一例を挙げると積立型のような投資を行うことだ。仮に、今はまだ投資に回せるストックがない状態だったとしても、毎月入るフローがゼロにならないのなら、それは「フローに余裕がある」状態を示している。この先1年以上で、大きな出費を予定していないのならば、「基本的に投資を開始する条件は整っている」といえるだろう。

支出を減らすカギは固定費削減 意外な「盲点」とは?

資産を増やす上でポイントとなるのは、「入ってくるもの」と「出ていくもの」の両方に目を向ける必要がある。「入ってくるもの(収入)」とは稼ぎを指すが、これはなかなかすぐには増やせないかもしれない。しかし、「出ていくもの(支出)」に関しては、見直しを行うだけで効果はすぐに表れる。つまり、「毎月入るフロー」からの支出をいかにして減らすかである。

支出を見直す際のコツは「固定費を削減する」こと。一度削減すれば、その効果がずっと持続する。収入よりも支出のほうが数倍コントロールしやすいというわけだ。

いまは、簡単に入力できる便利なアプリもたくさん出ているため、スマホにダウンロードして、支出の記録からはじめてみることをお勧めする。そして、おおまかな支出をとらえたら、それぞれの見直しを考えてみる。

現在は携帯や電気などの自由化が進んでおり、クルマや住居でさえシェアできる時代になっている。たとえば、自家用車についての見直しとしては、コインパーキングに保管されている車を必要な時だけ借りる「カーシェアリング」という旧来からの方法だけでなく、個人間で簡単に車の有料貸し借りを仲介するサービスも始まっている。

そして、意外と盲点になっているのが「生命保険」だ。月額数万円を支払っている人は多いが、内容が分かりにくく、どこをどう変更すれば必要最低限にできるのかというのは、専門家でなければ判断できない部分がある。しかし、それ以前に「自分がどういう保険に加入しているのか」「なぜその保険に加入しているのか」を説明できない人が意外に多い。

まずは「今、自分はどういう保険に入っているのか」を確認し、その後、できれば2人以上の専門家から話を聞き、見直しすることをオススメする。給料を月1万円増やすのは容易なことではないかもしれないが、保険を1万円削減できれば、年間12万円分の給料が増えたのと同じ効果を得られるのだ。

「お金がないから投資ができない」人に向けた5つのステップ

結局のところ、「投資を始めたいけど始められない」のではなく、投資に対する心理的ハードルから「投資に踏み込めない」というのが現実ではないだろうか。

投資を直ちに始める最大の利点は、「時間を長く使える」ことだ。スタートが早ければ、その分だけ複利の効果を味方につけられる。

残念ながら、投資に「万人に共通の法則」というのはない。どの方法を選択するのがベストなのかは、本人が置かれている状況や投資をする目的、目指している未来などによっても変わってくる。これからは、各自が自分のお金のことについて考え、自ら行動していかなければならない時代なのだ。下記に「投資を始めたいけど始められない方」に向けて、ポイントを5つにまとめた。ご参考になれば幸いだ。

(1)毎月の収入と支出を把握し、大まかなお金の流れをつかむ
(2)短期的には支出の見直し、中長期的には収入の多角化を考える
(3)近々に大きな出費がないかどうかを確認する
(4)フローとストックの両面から、自分が始められる投資を検討する
(5)投資を行うにあたってはムリをしない(生活費を投資に充てない)

俣野成敏(またの なるとし)
1993年、シチズン時計株式会社入社。31歳でメーカー直販在庫処分店を社内起業。年商14億円企業に育てる。33歳でグループ約130社の現役最年少の役員に抜擢され、40歳で本社召還、史上最年少の上級顧問に就任。『プロフェッショナルサラリーマン』(プレジデント社)や『一流の人はなぜそこまで◯◯にこだわるのか?』(クロスメディア・パブリッシング)のシリーズが共に10万部超のベストセラーに。2012 年に独立。複数の事業経営や投資活動の傍ら、「お金・時間・場所」に自由なサラリーマンの育成にも力を注ぐ。

【編集部のオススメ記事】
2017年も勝率9割、株価好調の中でもパフォーマンス突出の「IPO投資」(PR)
資産2億円超の億り人が明かす「伸びない投資家」の特徴とは?
株・債券・不動産など 効率よく情報収集できる資産運用の総合イベント、1月末に初開催(PR)
年収で選ぶ「住まい」 気をつけたい5つのポイント
元野村證券「伝説の営業マン」が明かす 「富裕層開拓」3つの極意(PR)