風が吹けば桶屋が儲かる,関連銘柄,パンダ発情
(写真=PIXTA ※画像はイメージです)

中華レストランの東天紅 <8181> の株価が1月17日、6.3%高と急騰した。同じく、フランス料理の精養軒 <9734> も3.4%高を見せた。外食業界に何か規制緩和でもあったのだろうかと沸き立った。実はこの急騰劇のきっかけになったのが、パンダの発情だったという。いったいなにが起こったのだろうか。

パンダの発情で東天紅21%高、精養軒11%高

東天紅の株は、1月17日の後場から買い気配となり、一時前日比21.5%高の192円まで上げた。引けは6.3%高の168円。出来高も前日の2万株から197万株と100倍近くに急増している。フランス料理老舗の精養軒 <9734> 、一時前日比11.1%高の787円まで買われ、引けは3.4%高の732円、出来高は前日の1600株から4万株に増えた。

NHKが昼のニュースやウェブサイトで「上野動物園のパンダに発情の兆候 繁殖に向け準備」と報道したことが、この2銘柄の急騰のきっかけとなった。上野動物園の11歳のオスのリーリーとメスのシンシンの2頭のうち、リーリーが先月から明け方に室内を歩き回るなどの発情の兆候がみられたという。

東天紅は、昭和61年に上野不忍池に開業した老舗の中華レストランとして本店は東京都台東区池之端に構えている。上野不忍池の目の前だ。不忍池は上野公園にあり、西郷隆盛や国立西洋美術館、上野動物園があるスポットとして有名だ。上野精養軒も本社を台東区上野公園に構えており、まさに上野公園のど真ん中。

「パンダ発情」→「パンダ誕生」→「上野に人が押し寄せる」→「東天紅や精養軒に特需」という連想が働いたのだ。

実際に、過去にパンダブームで上野に人が溢れたことは何度もある。たとえば始めて日本にやってきた1972年のカンカンとランラン。一般公開初日には5万6000人が上野動物園に詰めかけ、3時間待ち。見られたのは1万8000人だけで、それも30秒だけだった。

日本で始めて生まれたパンダの赤ちゃんは1985年のチュチュ(初初)だったが45時間の短い命だった。日本生まれで始めて無事に育ち一般公開まで至ったのは1986年のトントン。名前は公募で決められ、応募数は27万通もあった。一般公開から1か月で、来園者は前年同期間比約2倍の42万人に達し、上野のトントンを見に行くことがブームになった。トントン人気で来園者も増加したため、上野動物園はそれまでのパンダ舎を拡張、1988年4月に新パンダ舎をオープンしている。昔ほどではないかもしれないが、パンダ誕生は確実に上野に人の流れを増やすのだ。

実は、東天紅と精養軒がパンダの思惑で買われたのは今回が初めてではない。2012年7月には赤ちゃんパンダの誕生のニュースで、両銘柄ともストップ高を演じた。残念ながらその赤ちゃんはすぐに死んでしまった。赤ちゃん誕生後年初来高値を付けていた両銘柄は急死が発表されると10%以上の急落となった。16年2月にも、リーリーとシンシンの発情の兆候との発表で両銘柄は大幅高した。上野に強いというだけで過去には、丸井 <8252> もパンダ関連として物色されたこともあるくらいだ。

お決まりの連想ゲーム

株式市場は、昔風に言うと「風が吹けば桶屋が儲かる」的な連想ゲームが大好きだ。ある事象に対して思わぬ物事の影響が出ることを例えた日本の故事の一つで、「風が吹く」→「砂で目を病む人が増える」→「失明した人が生計のため三味線を習い始める」→「三味線の特需で三味線の胴に張る猫の皮の需要が増える」→「猫が減るのでネズミが増える」→「ネズミが桶をかじるので新しい桶が売れる」という跳んだ連想だ。

年末年始に翌年の干支に関連した銘柄が物色されたり、元号改正の話がでれば新元号関連銘柄、総選挙となれば選挙関連銘柄、カジノ法案がでればカジノ関連、暑い夏なら猛暑関連、プーチンが来日すればロシア関連を物色する。すべて連想ゲームの一環だ。

トレーダーにとっては、マネーゲームと割り切ったお決まり、お約束のトレードなのだ。ご祝儀相場もそれに近い。たとえば、リオ五輪で、体操男子が12年ぶりに金メダルを穫れば、内村航平選手の所属するコナミが買われ、柔道で大野将平選手が金メダルをとれば所属の旭化成の株が買われる。日本ハムが日本シリーズを制覇すれば、日本ハムが買われるといった具合だ。

「風が吹けば桶屋が儲かる」といった連想ゲームを楽しむのが株式市場でもある。トレーダー達は市場を楽しんでいるのだ。投資のヒントは身近なところに眠っている。是非、頭の体操のつもりで考えて連想ゲームをやってみてはいかがだろうか。実際に売買しなくても、株式市場がより楽しくなってくること間違いないだろう。

平田和生(ひらた かずお)
慶應義塾大学卒業後、証券会社の国際部で日本株の小型株アナリスト、デリバティブトレーダーとして活躍。ロンドン駐在後、外資系証券に転籍。国内外機関投資家、ヘッジファンドなどへ、日本株トップセールストレーダーとして、市場分析、銘柄推奨などの運用アドバイスをおこなう。現在は、主に個人向けに資産運用をアドバイスしている。

【編集部のオススメ記事】
2017年も勝率9割、株価好調の中でもパフォーマンス突出の「IPO投資」(PR)
資産2億円超の億り人が明かす「伸びない投資家」の特徴とは?
株・債券・不動産など 効率よく情報収集できる資産運用の総合イベント、1月末に初開催(PR)
年収で選ぶ「住まい」 気をつけたい5つのポイント
元野村證券「伝説の営業マン」が明かす 「富裕層開拓」3つの極意(PR)