11歳から18歳の子供2000人、親3000人を対象にしたサーベイから、「スマホの使いすぎが家庭内のコミュニケーションに影響している」と感じているのは、親だけではなく子どもも同じであることが判明した。

これは英国の調査で、22%の子どもが「スマホが家族の絆を弱める原因になっている」、36%が「親にスマホの使用をやめるよう頼んだことがある」と回答するなど、子供がスマホ中毒になることを懸念している親は、まず自分自身を振り返ったほうがよさそうだ。

「食事中のスマホは禁止にすべき」8割の子どもが回答

スマホ,コミュニケーション,家族
(写真=Thinkstock/Getty Images)

特に「親が食事中にスマホのスクリーンをながめている」という行為に対して、82%の子どもが「食事中はデバイスの利用を禁止すべき」と答えている。

面白い食い違いは、95%の親が「食事中にはデバイスを使わない」と回答しているにも関わらず、14%の子どもは「親が食事中にデバイスを使う」と報告。さらにはそのうち42.44%の子どもが「(会話をしようとしても)無視されて腹が立った・苛立った」心情を明らかにしている。

週末もスマホを離せない親が4割