世界的なワイン産地として知られるフランス南西部ボルドー地方で、4月末に霜が発生し、ブドウの収穫量が約半分に減る恐れがあると、ワインの業界団体が明らかにした。ロイターによると、被害総額は日本円で約1237億円から2474億円にのぼるという。

ブドウ生産量が約50%に

ワイン,ボルドー,ブルゴーニュ
(写真=PIXTA)

ボルドー・ワイン生産者協会の会長・ベルナール・ファルジュ氏によれば、ボルドーだけでなく、コニャック、ベルジュラック、ロット・エ・ガロンヌ地方も被害を受けた。被害は霜によってダメージを受けたつぼみが、どの程度再生するかによってかわるという。特にボルドー地方のダメージは大きく、一部のシャトーでは畑のほぼすべてが被害を受けたという。そのため、ボルドー地方のブドウ収穫量は例年の約50%になるという。

今回の霜による収穫量減少によって、下請け業者も含めると10億から20億ユーロ、日本円にして約1237億円から2474億円の被害総額となると見積もられている(ブルームバーグ調べ)。10億ユーロは過去25年で最大の被害額となる。被害を受けた生産者たちは、ろうそくやヒーターを使用したり、ヘリコプターから温風を送ったりするなどしてブドウを少しでも救おうと努力している。

ボルドーワインとはどんなワインなのか

ところで「ボルドーワイン」とはどんな品種、商品かご存じだろうか?フランスのボルドー地方で生産されたワインが、すべてボルドーワインを名乗れるわけではない。

ワインは生産された土地の気候や土壌、作り方によって大きく異なるものだ。そのため、ワインの名産国では、産地名を表記するには使用するブドウ品種や醸造方法などを法律で定めている。その法律にのっとったワインだけが、産地を名乗ることが可能だ。フランスでは産地のことをアペラシオンという。ボルドーワインは、使用品種や醸造方法をきちんと守ったボルドー地方産のワインだけに名乗ることを許されている。

ボルドーワインの最大の特徴は、ブドウをブレンドすることにある。世界には1つのブドウ品種でワインを作る産地が多くある。ボルドー地方と並ぶフランスワインの名産地・ブルゴーニュも、1種類のブドウでワインを醸造している産地だ。

しかし、ボルドーでは2種類以上のブドウをブレンドして醸造する。それによって作られる複雑で豊かな味わいがボルドーワインの魅力だ。赤ワインではメルロ、カベルネ・ソヴィニヨン、カベルネ・フランの3品種、白ワインではソーヴィニヨン・ブラン、セミヨン、ミュスカデルの3品種が主に使用されている。

ボルドーといえば赤ワインをイメージする方も多いだろう。ボルドーではワイン生産量の90%近くが赤ワインを占めている。ボルドーの赤ワインは、若いうちは力強く、渋みを感じる味わいだ。しかし、熟成がすすむにつれ、さらに多くのニュアンスを感じられるワインへと変化していく。

ブルゴーニュとの違いとは

フランスのみならず世界的なワインの生産地として知られるのが、ボルドーとブルゴーニュだ。その違いについても紹介していこう。

もっとも大きな違いは、先ほども述べたブレンドと単一品種を使用するという違いだ。ボルドーでは複数の品種のブドウをブレンドしてワインを醸造する。ブレンドすることにより、それぞれのシャトーの個性を表現することもでき、複雑な味わいを持たせているのがボルドーワインだ。

それに対しブルゴーニュでは、基本的に1つの品種だけでワインを醸造する。品種も、ほぼピノ・ノワールに限られている。土地の個性や醸造方法によって、それぞれの生産者の個性が出るワインだ。

生産者の規模も大きく違う。ボルドーの生産者は大規模なシャトーが多い。5大シャトーといわれるシャトー・ラシェット・ロスシルド、シャトー・マルゴー、シャトー。ラトゥール、シャトー・オー・ブリオン、シャトー・ムートン・ロスシルドをはじめ、大規模な組織でワイン生産を行っている。ブルゴーニュは農家のような小規模な生産者が多い。また、瓶の形状がボルドーは丸みのないいかり肩、ブルゴーニュはカーブのあるなで肩の形状をしているという違いもある。

ボルドーワイン、ブルゴーニュワインともに世界中で愛されるワインの産地であることは間違いない。今回の霜による被害が少なくすむことを世界中のワイン愛好家が望んでいることだろう。(ZUU online編集部)

【編集部のオススメ記事】
2017年も勝率9割、株価好調の中でもパフォーマンス突出の「IPO投資」(PR)
資産2億円超の億り人が明かす「伸びない投資家」の特徴とは?
株・債券・不動産など 効率よく情報収集できる資産運用の総合イベント、1月末に初開催(PR)
年収で選ぶ「住まい」 気をつけたい5つのポイント
元野村證券「伝説の営業マン」が明かす 「富裕層開拓」3つの極意(PR)