訪日外国人観光客の増加で注目が集まる民泊に、徳島県阿南市新野町の四国霊場22番札所・平等寺が参入した。平時はお遍路さん向けの民泊施設、災害時には避難所となる「シームレス(つなぎ目のない)民泊」で、住職らが居住する庫裏(くり)の客間を客室に活用している。

4月の開設から約1カ月で50人ほどのお遍路さんが宿泊するなど、利用者の反応は上々。お遍路さんの宿確保、南海トラフ巨大地震への備え、交流人口拡大による地域の活性化という一石三鳥を狙った取り組みとしても話題になりそうだ。

ふろ、台所、Wi-Fiなど完備で週6日営業

民泊,Airbnb,四国
お遍路さん向けの民泊に参入した徳島県阿南市新野町の四国霊場22番札所・平等寺(写真=筆者)

平等寺の客室は8畳と10畳の2部屋で、宿泊所名「坊主の宿」と命名された。トイレやシャワー付きのふろ、台所、フリーWi-Fi完備で、週6日営業している。宿泊できるのは1日2組まで。料金は朝夕食付き7000円、素泊まり4000円と民宿並みに設定した。前日に申し出れば、朝のお勤めに参加できる。

徒歩で霊場を回る「歩き遍路」は年間に6000人と推計されているが、平等寺周辺は宿泊施設が1軒しかなく、年間1400人ほどしか受け入れられていない。このため、遠くの宿に泊まっていったん平等寺まで宿の車で送ってもらい、歩き遍路を続ける人が少なくなかった。

百戦錬磨グループが運営する民泊仲介サイト「ステイジャパン」で物件を紹介したところ、開業以来予約が殺到し、休業日を除いて部屋が埋まっている状態。満室で予約を受け付けできないこともある人気ぶりだという。

平等寺は平安時代初期の814年、弘法大師空海によって開創されたといわれる古寺。空海が掘ったという伝承のある古井戸が今も残っている。30年ほど前まではお遍路さん向けの宿坊を設け、多いときだと1日に100人を受け入れたこともある。しかし、人手不足などから宿坊の運営を取りやめていた。

4月の開所式には、徳島県や阿南市の関係者ら約50人が集まった。谷口真梁(しんりょう)副住職が看板を取り付け、飯泉嘉門徳島県知事、岩浅嘉仁阿南市長らがテープカットしてオープンを祝ったあと、初日の宿泊客2人が部屋へ案内された。

宿泊客の1人は「この辺は宿泊施設が少ないので、歩き遍路をするうえで民泊できるのは大助かり」と語った。平等寺は「お参りしてくれる人の助けになれば幸い。温かいお接待ができる宿にしていきたい」としている。

南海地震の発生後は被災住民の避難所に活用

シームレス民泊は徳島県規制改革会議が提唱するアイデアで、普段はお遍路さん向けの民泊施設として利用しながら、南海トラフ巨大地震が起きた際に避難所として活用する狙いがある。

南海トラフ巨大地震は今後30年間に70%の確率で発生するとされている。阿南市は南部の一部が太平洋に面しており、巨大津波が押し寄せれば、沿岸域で浸水被害が相次ぎ、大勢の避難者が出ると予想されている。

新野町は市南部に位置するものの、内陸部にあるため、直接に津波被害を受けるとは考えられない。そこで、地域の住民らが新野シームレス民泊推進協議会(青江徳訓会長)を設立し、5軒の民泊施設を立ち上げる計画を進めている。平等寺がその第1弾で、他の施設は今秋以降に順次、オープンさせたい考え。

徳島県地方創生推進課は「新野町の民泊は旅館業法上の簡易宿所として運営される。お遍路さん向けの宿泊施設確保だけでなく、南海地震対策にも役立ってくれるのではないか」と力を込めた。

交流人口の拡大で地方創生も模索

さらに、新野町の住民や徳島県、阿南市はシームレス民泊を地方創生に活用しようと考えている。新野町は四方を山に囲まれた農業地域で、タケノコの産地として知られている。食品加工業も盛んだ。

しかし、高度経済成長期以降、若者の流出によって長く人口減少が続いてきた。町内の人口は1950年に6800人を数えたものの、今は約3000人。30年後になると、ざっと1500人まで減少すると推計されている。

そんな中で目を付けたのが、確実に一定数の来訪が見込める四国霊場の存在。四国88カ所を巡るお遍路さんは自家用車や観光バスの利用者も含めると、年間にざっと20万人いるといわれている。

地元に1人でも多くのお遍路さんに宿泊してもらうことで交流人口を増やし、地域活性化につなげようというわけだ。阿南市商工観光労政課は「地元での宿泊客が増えれば、将来は地域への波及効果も十分に期待できる」とみている。

四国霊場札所の中には、徳島県美波町など門前町の商店街を抱え、観光客や参拝客を集めているところもあるが、平等寺の周囲は山と農地が続き、商店や飲食店が少ない。ただ宿泊施設をオープンさせるだけでは、地域に落ちる金も限られる。

民泊施設の開業をどうやって地域の活性化に結び付けていくのか、新野町が正念場を迎えるのはこれからだ。

高田泰 政治ジャーナリスト この筆者の記事一覧
関西学院大卒。地方新聞社で文化部、社会部、政経部記者を歴任したあと、編集委員として年間企画記事、子供新聞などを担当。2015年に独立し、フリージャーナリストとしてウェブニュースサイトなどで執筆中。マンション管理士としても活動している。

【編集部のオススメ記事】
2017年も勝率9割、株価好調の中でもパフォーマンス突出の「IPO投資」(PR)
資産2億円超の億り人が明かす「伸びない投資家」の特徴とは?
株・債券・不動産など 効率よく情報収集できる資産運用の総合イベント、1月末に初開催(PR)
年収で選ぶ「住まい」 気をつけたい5つのポイント
元野村證券「伝説の営業マン」が明かす 「富裕層開拓」3つの極意(PR)