史上最悪の粒子状物質が朝鮮半島を覆っている。

粒子状物質とはPM10、PM2.5のことで、5月9日付で聯合ニュースが報じている。

近年、韓国では季節に関係なく粒子状物質の濃度が上がっているが、中国から黄砂が飛来する2月から4月にかけて粒子状物質はさらに増加する。黄砂が大量に飛来した5月6日から7日には大気中のPM濃度が「非常に悪い」レベルに引き上げられた。多くの地域でPM10の濃度が年平均基準値である1立方メートル当たり50マイクログラムの3倍の150マイクログラムを超え、ソウル近郊の京畿道・安山では5月6日のPM濃度が650マイクログラムに達した。

雨上がりですら青く澄んだ空を見るのは難しいと市民がため息をつく昨今、マスクや空気清浄機を買い求める人が急増しており、健康を守るため価格より品質を重視する傾向が顕著になっている。

PM対策商品の売上が急増

マスク
(写真=imtmphoto/Shutterstock.com )

コンビニエンスストア大手のCUでは、2017年4月1日から5月7日の間のマスクの売上高が前年同期比84%増となり、5月6日から7日には対前年比446%増を記録した。ティッシュや手指消毒剤、口腔ケア用品なども売れている。

スーパー大手のイーマートは、2017年5月1日から7日までのマスクの売上高が前年同期比102.3%増となり、空気清浄機の売上も4月は前年同月比233%増で、5月初旬には前年同期の4.5倍に達した。大手家電量販店のロッテハイマートも4月の空気清浄機の売上は前年同月の2.5倍で、現代百貨店は56.8%増と軒並み増加している。

インターネット通販でもマスクや空気清浄機が飛ぶように売れている。インターネットショッピングモールTMON(ティーモン)では、食品医薬品安全庁の規格に適合したマスクの売上高が4月には前年同月2.1倍となり、5月1日から7日には前年同期の7.6倍となった。一般マスクの3倍以上の値段で売られている規格適合マスクに人気が集中している。インターネット通販の11番街でも4月1日から5月7日の空気清浄機の売上が前年同期の3倍に達している。

マスクや空気清浄機に加えて、衣類乾燥機や空気清浄効果があるとされる植物なども売上が伸びており、関連商品の売上高が急増している。

防毒マスクが必要?

中国とモンゴルから黄砂が大量に飛来した5月初旬、当局は外出を控え、外出する場合はマスクをつけるよう呼びかけた。5月上旬の飛び石連休には、都心部だけでなく行楽地でもマスクを使用する人が多く見られた。

2017年4月、韓国で防毒マスクが売れているというデマが流布したが、流言とはいいきれないと指摘する専門家もいる。ソウル大保健大学院のイ・ギヨン教授は4月21日に開催された討論会で、微小粒子状物質が多い日に外出を自制し、マスクを使用するよう市民に伝えるだけでは効果がないと主張した。

微小粒子状物質は黄砂用マスクでは遮断できず、小さい粒子は室内に浸透するとし、工場で着用する産業用マスクがまだ効果はあると勧告した。防毒マスクの話が出てもおかしくないほど大気汚染は日々悪化しているのだ。

韓国ではPMは中国から飛来すると考える人が多いが、主因は韓国内の石炭火力発電所、自動車の排気ガス、暖房燃料、工場の媒煙などで、中央日報はきれいな空気を吸う権利は天賦的な生命権で、1級発がん物質に指定された粒子状物質の名称を「殺人粉塵」に変えるべきだと社説で述べている。

韓国警察庁は新型のマスク4980個を購入し、交通警察官に支給すると発表。ソウル市をはじめ全国教育庁も粒子状物質が多い日には野外授業を自制し、生徒にマスクを着用させる対策を打ち出した。教室に空気浄化装置も普及させる案も提起されている。

韓国環境部は国内の大気汚染の原因は80%が中国発として対策を怠ってきたが、韓国外の専門家は中国を原因とする汚染は20%程度にすぎないと分析する。抜本的な対策はなく、朝起きたら天気より先に粒子状物質の予報を確認するのが日常となっている。(佐々木和義、韓国在住CFP)

2017年も勝率9割、株価好調の中でもパフォーマンス突出の「IPO投資」(PR)
資産2億円超の億り人が明かす「伸びない投資家」の特徴とは?
株・債券・不動産など 効率よく情報収集できる資産運用の総合イベント、1月末に初開催(PR)
年収で選ぶ「住まい」 気をつけたい5つのポイント
元野村證券「伝説の営業マン」が明かす 「富裕層開拓」3つの極意(PR)