就活に対する親の意識調査によると、80.3%が子どもの就活に「関心がある」と答えている。一方で、親の過干渉が何かと話題になるなか、子どもの入社式や内定式に「出席したい」と答えたのは19.5%であることが分かった。

マイナビの「2017年度 就職活動に対する保護者の意識調査」によるもの。2015年1月の前回調査では、子どもの就活に「関心がある」は7割弱だった。約2年で10ポイント超も伸ばしたことになる。

就活生と親の認識に大きな差

ジェネレーションギャップ
(写真=PIXTA)

関心は高いようだが、具体的な就職知識のほうはどうなのだろうか。「子どもの就活環境について知っているか」の問いには、59.2%が「知っている」と答えている。「就活環境はどのような状況だと感じているか」の問いには、65.5%が「厳しい環境」だとしている。

空前の売り手市場と言われるなか、実際に就活をしている学生たちはどう感じているのだろう。同じくマイナビの「18年卒 就職モニター調査4月」によると、「先輩よりも厳しくなる」と答えた学生は11.3%だった 。

親の6割以上は「厳しい環境」だと感じているが、「先輩よりも厳しい」と感じている就活生は約1割しかいない。就活環境の厳しさについては、両者のとらえ方に差があるようだ 。

「おやかく」の認知度は2.5%

「就職活動に対する保護者の意識調査」では、就活環境やスケジュールについての認知度調査も行っている。

「3月1日以降会社説明会が開始」を知っている人は56.3%、「卒業年度の6月1日より企業は選考活動ができる」50.2%、「正式な内定日は10月1日以降」40.6%と、このあたりは半数前後が認識している。しかし、「経団連の指針に関係なく早くから選考する有名企業もある」28.3%など、あまり知られていない項目もある。

就活に関する話題の言葉では、「エントリーシート」は69.6%が「知っている」と答えている。ところが、「圧迫面接」26.0%、「お祈り」19.5%、「おやかく」2.5%など、日ごろメディアで見かけるようなものでも、認知度が低い就活ワードは多い。

就活生の親たちの約8割が子どもの就活に「関心がある」ということだったが、こうやって見てくると、就活環境や細かいスケジュールについては強い関心がない人が多いことが分かる 。

興味・関心の向かう先は?

では、親たちの関心はどこに集まっているのだろう。それは、子どもが「どこに就職するのか」「どのような働き方を選ぶのか」というところだろう。

調査では、子どもの就職先や将来の願望についても質問している。「子どもの就職先はどのような特徴のある企業が良いか(最大2つまで選択可)」の問いでは、「経営が安定している」との回答が最も多く44.0%だった。次いで「本人の希望や意志に沿っている」36.9%、「能力や専門性を活かせる」28.4%と続く。

「就職して欲しい会社はどのような業界にあるか(複数選択可)」の質問では、「官公庁・公社・団体(19.3%)」「総合商社(12.0%)」「銀行・証券(10.0%)」「薬品・化粧品(9.3%)」「電子・電気機器(9.0%)」などが高いポイントを得た 。

過半数が「正社員で長く勤めて欲しい」

「子どもの社会人としてのこれからに何を望むか」という質問には、「新卒で入社する会社で正社員として長く勤めて欲しい」を選択した人が最も多く、52.8%と過半数を超えている。次いで、「子どもが決めたのならどんな働き方でもいい」20.2%、「キャリアを優先して転職をしてもいい」19.5%となった。

これらを踏まえてイメージしてみると、「経営が安定している会社に新卒で入社し、正社員として長く勤め上げる」ことを理想とする親が多い、と言うことができそうだ。

親が勝手な理想を抱いていたとしても、最終的には「子どもが決めたのならどんな働き方でもいい」とする考え方があればいい。しかし、子どもの意志に関係なく希望や理想を押し付けるのであれば、それは過干渉になってしまう 。

「出席したくない」が80.5%

大学の入学式や卒業式に親が出席することは一般的になってきているが、入社式への出席となると否定的な意見を聞くことが多い。

調査では「子どもの入社式や内定式に出席したいか」との質問もしている。回答は「出席したい」が19.5%、「出席したくない」が80.5%となり、圧倒的に「出席したくない」との意見が多かった。

就活への関心の高さからすると、「出席したい」という回答が思いのほか少ないという印象だ。「さすがに成人だから」という意識が動くのか、入社式に関しては過干渉問題は深刻ではないようだ。(渡邊祐子、フリーライター)

【編集部のオススメ記事】
2017年も勝率9割、株価好調の中でもパフォーマンス突出の「IPO投資」(PR)
資産2億円超の億り人が明かす「伸びない投資家」の特徴とは?
株・債券・不動産など 効率よく情報収集できる資産運用の総合イベント、1月末に初開催(PR)
年収で選ぶ「住まい」 気をつけたい5つのポイント
元野村證券「伝説の営業マン」が明かす 「富裕層開拓」3つの極意(PR)