昨年末から春にかけて、中国ネットニュースの論調はギスギスしていた。しかし米トランプ政権と何とか折り合いをつけ、4月の全人代を乗り切ってからは、多少毒気が抜けたような印象である。日本に関する話題でも、非難するものから日本の実態を紹介するものへ、変化しつつあるようだ。

そうした記事の中から今回は、「トイレで後ずさり、日本生活の十大『怪』」という記事をピックアップして紹介する。

10位~6位 学校に清掃業者は必要なし

海外メディア,日中関係
(写真=AXL / Shutterstock.com)

10位 自動販売機

街頭の自動販売機は日本の一大特色ともいえるものだ。種類は実に豊富だ。各種ジュース、コーラ、ビール、タバコ、電池、パンスト、雑誌など、自動販売機は日本で最も優秀な販売員というべきである。

9位 箸は料理の取り分けに使わない

中国料理では、周囲の人の取り皿に料理を取り分けることは、ごく普通の箸使いだ。しかし日本では、自分の米飯の上で使うだけである。箸の使いみちは大きく違う。

8位 学校に清掃業者はいない

日本の学校は清掃業者を雇っていない。すべての衛生は生徒たちによって保たれている。下校前に当日の掃除をする掃除当番が決まっているのである。また給食も当番が決まっていて、係の生徒たちが配膳している。

7位 おじぎ

おじぎは日本におけるビジネスシーンにおける基本動作である。一般には45度の深い角度が必要だ。この礼節は、身分や地位の高低にに関わらず、すべての人に必須である。おじぎは相手が視線の範囲から離れたところまで待ってから、やっと元の姿勢に引きもどすのが正しい作法である。

6位 コンビニの前では立ち食い可

日本の公共区域は一般的に飲食禁止である。たとえば通勤電車の中だ。水を一口飲むだけでも礼儀知らずととられることもある。ところがコンビニの前は、黙認される領域であるらしい。よくむしゃむしゃものを食べている。

5位~1位 日本のトイレは驚異

5位 トイレで飲食?

日本においては、トイレの個室で飲食する人が多いようだ。トイレには常に注意書きが貼ってある。「トイレは正しく使いましょう。喫煙、落書き、飲食は禁止です。」

4位 ゴミ出しに費用がかかる

日本ではある種類のゴミ収集には費用がかかる。冷蔵庫、電子レンジなどの電気製品、家具、乳母車などである。そのためご自由にお持ちくださいと告知してあるケースも多い。

3位 封書の敬語を変えている

日本では、返信用封筒に○○行、と表書きにあれば、それに×を付け、わざわざ○○御中と書き換えてから投函している。

2位 バスタブは一家共通

日本の風呂の入り方では、バスタブは一家共通である。一人が使ったあと、また次の一人が入る。いちいち湯を入れ替えることはない。

1位 トイレで後ずさり?

日本の一部トイレでは、靴をスリッパに履き替えなければならない。大きなトイレになるとそれら履き替え用スリッパが10足以上置いてある。ところがこれらはすべて前方を向いて整然と並べられている。何と日本人は次の人が使いやすいよう、後ずさりして脱ぎそろえているのである。

中国の学校には、グランド、体育館、プールなどはほとんどない

ゴミ出しとトイレは日本論の定番である。おじぎや風呂好きも有名だ。本稿で新鮮な視点を提供したのは、8位の「学校に清掃業者はいない」ではないだろうか。中国のユーザーコメントにも賛同の声があがっている。

中国の学校には、グランド、体育館、プールなどの設備はほとんどない。また子ども単独での通学も危険すぎてとてもできない。学校環境の差は大きく、改善を求める声は高まるかも知れない。単なる面白比較から、具体的な比較検討にまで進めば、こうした論もより意義を持つものになる。(高野悠介、中国貿易コンサルタント)

【編集部のオススメ記事】
2017年も勝率9割、株価好調の中でもパフォーマンス突出の「IPO投資」(PR)
資産2億円超の億り人が明かす「伸びない投資家」の特徴とは?
株・債券・不動産など 効率よく情報収集できる資産運用の総合イベント、1月末に初開催(PR)
年収で選ぶ「住まい」 気をつけたい5つのポイント
元野村證券「伝説の営業マン」が明かす 「富裕層開拓」3つの極意(PR)