アメリカで大きな注目を集めているインターネットメディアがある。その名は「アクシオス(Axios)」といい、1月に誕生したばかりの新興メディアである。「パリ協定」からの離脱も発表前に報じる等、他の報道機関を出し抜くスクープを連発しているアクシオスとは、一体何なのだろうか。

ポリティコ出身のジム・バンデハイ氏が有力記者を集めて設立

マスコミ,Webメディア,
(画像=Axios Webサイトより)

アクシオスは米政治専門誌ポリティコの共同創業者であるジム・バンデハイ氏によって設立された。バンデハイ氏は2007年にワシントン・ポストの記者から、ポリティコを立ち上げたが、社内対立で2016年に退社していた。ポリティコを退社したメンバーの他、ウォール・ストリート・ジャーナル等の有力誌の記者を引き抜き、アクシオスは1月に設立された。

設立以降、アクシオスは短期間で多くのスクープを報じている。3月には、4月に米中首脳会談が行われる事をいち早く報じ、その取材力の高さを見せつけた。「パリ協定」からの離脱も他社に先駆けてスクープしており、他にも米トランプ政権での権力闘争や予算計画等も詳細に報じている。政治分野ばかりでは無い。3月末にはメディアサイトの運営を行う米バズ・フィードが2018年に上場すると報じており、その取材力は経済分野でも発揮されると見せつけた。

アクシオスは今や全世界が注目するメディアとなっており、特に政治関係者はその記事に注目している。また金融市場でも、アクシオスのスクープによって市場が大きく変動する為、その動向には目を光らせている。

将来は年間購読料1万ドルを目標

アクシオスの特徴は、その取材力だけではない。シンプルな構成を信条としており、記事は簡潔に、サイトはシンプルで見やすいレイアウトとなっている。バンデハイ氏は既存の報道機関を「記事が長すぎて退屈。読者を扇情的な見出しでだましている」と批判している。

更に、そのビジネスモデルも注目を集めている。現在は記事を無料公開しており、広告料収入で収益を賄っている。しかし、数年後には記事を有料公開に切り替える予定であり、その購読料は年間1万ドル(約110万円)という高額な設定を最終目標としているという。アクシオスは、高額な購読料と広告料収入を50%ずつの構成として運営を行っていくビジネスモデルを目指す。

多くのメディアが記事を無料公開する時代であるが、アクシオスの目指すゴールはその流れとは真逆を行く。アクシオスはその取材力を見せつける事で、年間購読料を支払う価値を示そうとしている。今後もスクープが続けば、アクシオスのビジネスモデルは現実のものとなるかもしれない。

アクシオスはスクープ連発に加え、そのビジネスモデルでも注目を集める。新興メディアが多く登場する米国であるが、アクシオスの登場は大きな衝撃を与えている。これからの動向によっては、メディアの在り方を大きく変える存在となる可能性も秘めている。(ZUU online編集部)

【編集部のオススメ記事】
2017年も勝率9割、株価好調の中でもパフォーマンス突出の「IPO投資」(PR)
資産2億円超の億り人が明かす「伸びない投資家」の特徴とは?
株・債券・不動産など 効率よく情報収集できる資産運用の総合イベント、1月末に初開催(PR)
年収で選ぶ「住まい」 気をつけたい5つのポイント
元野村證券「伝説の営業マン」が明かす 「富裕層開拓」3つの極意(PR)