時代は変わっても「経済の掟」は変わらない。だからこそ経済理論を用いた歴史分析は現代おいても教訓が多い。著者は室町・戦国時代の貨幣量の変化に注目し、当時の政治経済と荒廃した日本を立て直した織田信長の功績について考察している。

『経済で読み解く織田信長 「貨幣量」の変化から宗教と戦争の関係を考察する』
著者:上念 司
出版社:ベストセラーズ
発売日:2017年2月25日

(画像=Webサイトより)
(クリックするとAmazonに飛びます)

江戸時代まで独自通貨を持たず金融政策を他国に依存

和同開珎といった独自の貨幣は存在したが全国的には流通せず、実際に貨幣として使用されたのは中国(原文では「支那」と記載)大陸で流通していた銅銭であり、その銅銭を貿易により輸入していた。

これは、経済全体のモノとお金のバランスで経済が左右される「ワルラスの法則」で見た場合に、お金の量を増やす手段が貿易しかないことで量が不足し、デフレ経済になりやすいことを示唆する。著者が銅銭を基準として日本と中国の米価を比較すると、7倍近く日本の米価が低かったという試算結果も示している。

「ワルラスの法則」がいかに強力かは、室町幕府3代将軍義満が日明貿易を開始し大量のお金が供給され「北山文化」と呼ばれる繁栄の時代を迎えたものの、4代将軍義持が貿易を停止する大悪手で「失われた20年」を招いたことからもよく分かる。その後、政治経済を立て直すため6代将軍義教や細川政元などの奮闘があったものの、結果的には日本の歴史上最悪の時代となった。

織田信長の構造改革の手腕と金融政策の評価

そんな日本を救ったのが天下統一寸前まで推し進めた信長なのだが、何がすごいのか。信長は政策に優先順位を付けて、限られた資源を有効に利用する能力に非常に長けていたのだ。

関所の廃止は経済や軍事のインフラ整備のために重要な政策なので、比叡山を焼いてでも断行した。一方で、後に荘園の解体につながる検地が中途半端だったのは、おそらく度量衡の統一や既得権の反発を考慮すると資源投入の費用が高いと考えたためだろう。その他、商業都市の堺に現状維持を認める代わりに経済的に利用するというディールを行うなど、優秀な経営者の要素が随所に見られる。

金融政策に関しては、1526年の石見銀山の発見や明での銀の貨幣需要が重なって倭寇という名の日明貿易が盛んになり、この頃には銅銭が明で出回ってなかったため、粗悪な銅銭の鐚銭(びたせん)が輸入され貴重な貨幣として流通していた。しかし、信長は鐚銭を回収するという金融引き締め政策を取ってしまい、実は失敗していたのだった。

また、銀を使って貨幣を発行できれば中央銀行を手に入れられたのだが、信長が生野銀山や石見銀山を活用する前に本能寺の変が起こりそれも叶わなかった。しかし、世界を席巻するほどの埋蔵量を誇った日本の銀が江戸時代での高度経済成長に大きな役割を果たすのであった。

お金の量が経済を決める。経済の安定が社会の安定に

現代の日本経済は「失われた20年」と呼ばれる長期停滞を経験し、その間デフレ、円高、高失業率に苦しんだ。アベノミクス以降緩やかにインフレ基調となり、円安、(就業者数増加による)失業率の改善、株価上昇が起こったが、その原因は「経済の掟」で言うところのお金の量を増やす政策を行っているからである。そして、経済の安定が第2次安倍内閣の長期政権につながっている。

一方、世界の政治が不安定化しているのは、室町時代の「失われた20年」の後に起こった応仁の乱やヴェルサイユ条約の賠償金支払いに墨守し、経済が疲弊したドイツにおけるヒトラーの台頭のように、経済状況に問題があるからではないか。

歴史好きや個人投資家だけでなく、豊かで平和な社会を望む人にとっても勉強になる一冊である。(ZUU online 編集部)

【編集部のオススメ記事】
2017年も勝率9割、株価好調の中でもパフォーマンス突出の「IPO投資」(PR)
資産2億円超の億り人が明かす「伸びない投資家」の特徴とは?
株・債券・不動産など 効率よく情報収集できる資産運用の総合イベント、1月末に初開催(PR)
年収で選ぶ「住まい」 気をつけたい5つのポイント
元野村證券「伝説の営業マン」が明かす 「富裕層開拓」3つの極意(PR)