特集「財務諸表」の読み方 特集「保険」 広告特集「M&A/事業承継」 特集「本を読む。」 DC特集
投資の基礎
Written by 平田和生 200記事

投資を始めるまえに……

ボーナスで「投資デビュー」 その前に読んでおきたい4冊

お金の知識を高めるのに夏のボーナスは格好の機会だ。貯蓄や資産形成について関心を持つ方も増えるのではないだろうか。そこで投資をこれから始めようと考える方に向けて「投資本」を4冊ご紹介しよう。

2017年話題の「iDeCo」 知っておきたい始め方

投資,マネー本
(画像=Webサイトより)

(1)『「iDeCo」で自分年金をつくる』(祥伝社 – 2016/12/24)

――著者:朝倉智也

17年1月からほとんどの人が個人型確定拠出年金に加入できるようになった。長期投資を前提に一定額を毎月積み立て、複利のメリットを享受できる私的年金制度だ。

積立金額には上限があり、払戻し時期にも制限はあるが、NISAと同じようにキャピタルゲインやインカムゲインには税金がかからない。

実はそれ以上に大きいメリットが、年間の積立額を年間所得から控除できること。所得控除することで、所得税と住民税の節税効果が享受できる。年収300~400万円の人が毎月上限の2万3000円を積み立てると年間4万円程度の節税になる。毎年これだけの節税効果があるのは大きいし、複利効果もあるのでNISAを凌ぐ。

投信情報を発信しているモーニングスターの朝倉智也氏が書いたこの本でiDeCoはマスターし始めてみてはいかがだろうか?

(2)『はじめての確定拠出年金』(日経文庫 – 2016/10/15)

――著者:田村正之

元日本経済新聞社の証券部や日経マネーの副編集長を務めた田村正之氏が書いたiDeCo本。今年の法改正でほぼ現役世代の全員が加入できるようになった。はっきり言って税金が安くなる確定拠出年金を始めないと損だ。

優遇税制をフル活用し「老後貧乏」を防ぐためには早くスタートするしかない。加入方法などなどの基本および金融機関の選び方や節税効果などiDeCo制度を最大限に活かす方法を解説している。うまくiDeCoを活用すれば老後資金を940万円も上積みすることが可能なようだ。

株式投資を始めるための本

(3)『投資バカの思考法』(SBクリエイティブ – 2015/9/11)

――著者:藤野英人

高パフォーマンスで運用資産をのばしている「ひふみ投信」を運用しているレオス・キャピタルワークス社長の藤野英人氏が書いた投資の指南書。ひふみ投信が大株主になった銘柄は人気化して急騰するなど、藤野氏の銘柄ピックは個人投資家の注目の的になっている。小型株のカリスマ・ファンドマネージャーとして有名な藤野氏が、今までの経験を凝縮させて書いた投資に関する心がけや取り組みに関する本。投資のテクニック本でなく投資のとらえ方や本質のとらえ方について触れている。株式投資を始めるには必携の本として薦めたい。

(4)『いつも出遅れる人の株講座』(中公新書ラクレ – 2015/4/9)

――著者:太田忠

太田忠氏は、レオスの藤野氏と同様、日本の中小型株アナリスト、ジャーディン・フレミング証券やJPモルガン証券時代には、小型株アナリストとして6年間にわたりトップアナリストだった。

ファンドマネジャーとしては投資信託、国内年金、海外資金などを運用した。著書の多い太田氏の作品の中でも投資スタイルや投資方針を書いた本書がベストだと筆者は感じる。

投資を見よう見まねで始めたもののどうしてもうまく行かない人は、是非一度この本を読んでみて欲しい。目からウロコ。なぜ自分が勝てないのがわかるだろう。

平田和生(ひらた かずお)
慶應義塾大学卒業後、証券会社の国際部で日本株の小型株アナリスト、デリバティブトレーダーとして活躍。ロンドン駐在後、外資系証券に転籍。国内外機関投資家、ヘッジファンドなどへ、日本株トップセールストレーダーとして、市場分析、銘柄推奨などの運用アドバイスをおこなう。現在は、主に個人向けに資産運用をアドバイスしている。

【編集部のオススメ記事】
アパート経営の9割は会社員!?サラリーマンが最強な理由とは?(PR)
佐川急便、親会社が上場申請 3000億円以上の大型案件に
スキンケアが武器に!?ビジネスにおいての5つのメリット(PR)
100万円で79万円儲かる?「究極の」資産運用術とは
株初心者はどこで口座開設してる?ネット証券ランキング(PR)

ボーナスで「投資デビュー」 その前に読んでおきたい4冊
ZUU online の最新記事を
毎日お届けします
PREV キャッシュリッチ企業に政界からも注目が集まる理由とは
NEXT 業界1人負け「かっぱ寿司」の苦境 「食べ放題」で起死回生な...