Amazonが欧州で自動車仲介事業を拡大することが、欧米メディアの報道から明らかになった。すでにイタリアで試験的に実施中のサービスを、フランスや英国でも開始するという。

報道直後、既存のオンライン自動車仲介業者の株価は急落し、英国大手業者は最高6%の下落を見せたものの、現時点では自動車メーカーとは仲介業者が直接取引を行うのが一般的であることから、深刻な脅威とは見なされていない。

欧州で専門チームを結成 本格運転に向け準備中

Amazon,車,仲介
(写真=Thinkstock/Getty Images)

数年前から中古車販売や部品販売 で自動車販売市場に進出していたAmazonだが、2016年11月にはイタリアの人気自動車メーカー、フィアット・クライスラーと提携し、「フィアット500」「フィアット・パンダ」などの仲介サービスをイタリアで試験的に行っている。

Amazonが消費者とディーラーの橋渡し的役割を果たし、契約が成立すれば少額の仲介手数料を徴収するというシステムで、2017年末までを試験期間としている。

またスペインの大手自動車メーカ、セアトとも、同様の試験サービスをフランスで実施すると報じられているほか、英国を含むその他の欧州市場への進出を視野に、ブリュッセルで専門のチームを立ち上げたようだ。

3月には元国際コンサルティング企業、オリバー・ワイマンの自動車部門責任者を迎え入れるなど、事業拡大に向けた動きが活発化している。

4割が「オンラインでの車購入を検討」