Amazonの第2の本社建設計画に対して、各都市による立候補が終わった。正確な数字は公表されていないものの、100都市以上が入札に関心を示していたと報じられている。

選ばれた都市には50億ドルの投資と20年間にわたる5万件の高所得職(年収10万ドル以上)が 約束されている。

現時点ではマサチューセッツ州ボストンかコロラド州デンバーが勝者として予想されるが、最終結果は2018年まで発表されない。新本社は既存のシアトル本社と同等、あるいはそれを超える規模になるといわれている。

第2本社は「成長が期待できる安定した事業環境」に開設

Amazon,事業拡大,雇用
(写真=Thinkstock/Getty Images)

Amazonは理想的な候補地の 条件に「人口100万人以上」「成長が期待できる安定した事業環境」「優秀なIT人材にとって魅力的な環境」を提供できる都市を挙げている。

さらにはロケーションや不動産のオプションを考慮し、「大胆で創造的なコミュニティー」を望んでいる。新たな本社建設はもちろん、大量の雇用者を収容するのに十分な住宅数(あるいは住宅建設用の土地)、交通の便の確保は重要だ。

ほかにもシアトルやニューヨーク、ワシントンなどに運行している「主要空港付近」など、候補都市の基準を照らし合わせていくと必然的に候補地が絞られる。

Amazonは「審査は始まったばかりで、各都市が同じスタート地点に立っている」とコメントしているそうだが、(シアトル・タイムズ紙より )メディアは立候補締め切り前から候補地の予想を行っている。

IT人材が確保しやすく生活費が低め、交通の便もよいボストン、デンバー