Amazonが日本のプライム会員向けに、指定された電子書籍・雑誌・コミックなどが読み放題となる新たなサービス「Prime Reading(プライムリーディング)」を始めた。プライムの会費のみで利用できる。

ただAmazonジャパンではプライムリーディング以前から、120万冊以上の電子書籍を誇る「Kindle Unlimited」を販売している。こちらはプライム会員というだけではそのサービスを受けられず、月額980円を払いKindle Unlimitedを購入しなくてはらない。

インプレス総研の推計では、2016年度の電子出版市場は2278億円にも登り、前年の2015年と比べ452億円もの成長を果たした注目分野。そこへと新規参入したAmazonジャパンが、プライムリーディングを使いこれからどう食い込むのか。またKindle Unlimitedや、dマガジンなど他社の「電子書籍読み放題サービス」とはどう違うのだろうか。

現行の読み放題サービスとの違いと比較