米著名投資家、ウォーレン・バフェット氏率いるバークシャー・ハザウェイが、カナダの住宅金融会社、ホーム・キャピタルの株の38%を4億加ドル(約335億3477万円)で取得するほか、20億加ドル(約167億 7387万円)で与信枠を設ける。

取引は発表当日(6月21日)の終値を33%下回る、一株10加ドル(約838円)で合意。バークシャーは事実上、ホーム・キャピタルの筆頭株主となる。

「少ないリスクで大きく儲ける」バフェット流救済投資

バフェット,バークシャー,投資,住宅
(写真=Thinkstock/Getty Images)

借り手の所得に関する文書改ざん疑惑が火種となり、ホーム・キャピタルの株価は4月以降、60%以上も暴落 。信頼性の低下から預金の引き出しが殺到し、20億加ドルの融資枠確保を余技なくされるなど一気に経営難におちいっていた。

今回の動きは、「長期的な信頼が期待できる株を暴落時に取得し、値を戻した時に一部売却後、残りの株を保有する」という、バフェット氏お得意の企業救済策となる。バフェット氏は2008年の経済危機の際、同じ手法でゴールドマン・サックスやバンク・オブ・アメリカに資金を提供し、後に巨額の利益を得た。

その後米経済が順調な回復基調に向かったため、救済的な大型投資は近年途絶えていたが、「少額をリスクにさらし、大きく儲けるバフェット流投資」 が、久しぶりに世間を騒がすこととなった。

バフェット氏はホーム・キャピタルの「強固な資産」「住宅ローンの組成・対応能力」「成長株の市場分野におけるリーダー的位置付け」を高く評価し、「魅力的な取引だ」と心境を語った。投資は傘下、コロンビア・インシュランスを通して行われる。

与信枠の金利9%は「信用リスク代」?